マンションの共用部こそ電気代やランプ交換などの人件費を考慮してもLED照明に交換すべきだ [OD261791]

オーデリック 防雨型 Q7/Q6シリーズ アウトドアダウンライト [LED昼白色][ブラック] OD261791

写真は東京都台東区にあるマンションエレベータ前のダウンライトの交換工事作業を撮影したものです。

FDL蛍光灯タイプのダウンライトだったのですが、ランプのソケット部分が経年劣化で破損してしまい、ランプ交換が出来なくなってしまったため、管理会社様から交換のご依頼を頂きました。

このエレベーターホールの先は開放廊下になっています。今後、経年劣化の事を考えると雨風の事も考慮しなくてはいけません。そこで、交換用のダウンライトは軒下用の防雨タイプで光源はLED昼白色のものを選びました。

器具と光源部分が一体型なのでランプ交換の必要がありません。こちらのマンションは管理人さんが常駐するタイプではなかったので、暫くの間、このエレベーター前は暗かったと思われます。

こうしたマンションの共用部こそ、早急にLED化をすすめるべきだと思います。電気代が劇的に安くなるメリットもありますし、今はLED照明器具自体もコストダウンが進みかなり入手しやすいお値段になりました。このダウンライトは販売価格で4050円です。

ランプ交換の人件費、電気代、防犯面を考えてもマンション共用部のLED照明化はメリットが多いと感じます。

マンションの管理組合様、理事会様でマンション共用部のLED照明化についてお悩みならご相談下さい。無料で現地調査及びお見積り対応をさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です