2019年06月01日

こんにちは、照国電機株式会社代表取締役の堂園秀隆です。
おかげさまで、本日2019年6月1日をもちまして42期目に入りました。

赤字部門だった蛍光灯照明器具製造部門を切り離すなど、積極的に会社の構造を変えダウンサイジングを図った結果、会社のBSが見違えほど美しくなりました。この3年ほど、この蛍光灯照明器具製造部門が利益を圧迫していたので会社の経営がとても楽になりました。

新しい期を迎えるにあたり、新しいことをはじめました。
その一つが事務所前に置いたワゴンによる手売り販売です。
元々は照明器具や電材商品の卸販売からスタートした会社です。

その卸販売が厳しくなったので工事部門を持つようになったのが今から40年前。さらに卸販売と工事部門だけでは苦しくなったので今から23年前にインターネット通販をはじめました。

インターネット通販をはじめたきっかけは、店舗を構えた小売販売をするための投資が出来なかったからです。その当時、店舗を構える資金はありませんでしたが、パソコン1台で始められるインターネット通販は投資が少額で済むので魅力的でした。

月日は流れて42期を迎えた今、出来ないと思っていた小売販売をはじめました。何も立派な店舗がなくても出来るんです。こうしてワゴン1台に手書きのブラックボードからのスタートです。

小さい店舗ながらも初日より地元のお客様から電気工事のご依頼をこのワゴンセールを通して受注しました。これからも、この小さなワゴンをきっかけに、地元の皆様のお役に立つ、小さな電気工事を引き受ける会社としてアピールしていこうと思います。

会社は常に新しい何かを生み出さねば生き残れません。
このワゴンセールが弊社の42期の目玉になるよう頑張ります。

2019年02月24日

この度、3月21日(木)と3月24日(日)にてるくにでんきにてガレージセールを開催させて頂く事になりました。まず第一弾は3月21日(木)の春分の日です。

大量に仕入れてしまった6畳用LEDシーリングライトやおなじくLEDベースライト(キッチンやオフィスに最適なFL40W×2灯用タイプ)を当日はお買い得価格で販売いたします。

お待ちしております\(^o^)/

2019年01月21日

こんにちは、てるくにでんきの堂園秀隆です。
以前から西研究所主催のマネジメントゲーム 戦略MG MQ会計に熱心に取組んでいることはブログでお話しました。5年間、製造業の会社経営をシミュレーションして決算を行い、経営の根本を学ぶ研修です。

ここの研修で度々耳にするキーワードに「マイツール」があります。MGを学んだらマイツールを覚えないと会社は儲からないよと言われてきました。簡単に言うとリコーが出していたデータベースソフトです。もう昔のソフトなのでフリーウェアで出ています。

自分はデータベースソフトにはファイルメーカーを長年使っていたので、マイツールに関してはずっと触れずにいました。ですが、自分がマネジメントゲーム(MG)研修を主催するようになり、どうしてもマイツールを勉強しなくてはならなくなり、一念発起して妻と一緒に覚える事にしました。

触ってみた結果わかったのは、データベースを作り込むのであればファイルメーカーの方がずっと柔軟性があるということ。でも、マイツールは日々の業務で使うならスピーディーで作業者の思考を奪わないソフトだと感じました。

昨日、このマイツールの達人をお招きして個人的なレッスンを受けました。まず、自社のV表(仕入価格表)をインポートする。次に日々の仕入伝票をインポートする。この2つの表を照合させて利益率や利益額に異常値が出ないかチェックする作業のやり方を学びました。

さっそく利益や利益率がマイナスになる異常値を発見。これは逆材と言われるもので絶対にあってはならないものです。が、どうしてもヒューマンエラーは出てしまいます。これを短時間で日々是正できる仕組みが初歩的な使い方ですが、マイツールで実現することが出来ました。

これから日々触って覚えて行こうと思います。

2019年01月10日

こんにちは、てるくにでんきの堂園秀隆です。
本日はご近所のお客様のお宅で照明器具の交換工事を行ってきました。既存の蛍光灯タイプの棚下灯が壊れて点灯しなくなったので交換して欲しいとのご要望でした。

さっそく伺うと既存の器具は下記の通りでした。カバーを外してランプも取り外してある状態でした。

まず、器具を取り外します。
外しますとこのように器具跡とビス穴が見えます。
器具交換の際のアドバイスですが、出来ましたら同じ寸法のものを選ばれるとこうした器具跡が見えなくなるのでおすすめです。

今回のお客様は寸法を測っていらっしゃったようで、ほぼ同サイズの器具を選んで頂いておりました。取り付けするとほぼ器具跡やビス跡が見えなくなりました。

黄色い点々がLEDのチップです。今のLED器具はこのチップ自体が発光するようになっています。カバーを付けない状態だと各々の点(LEDチップ)が点灯してまばらに見えてしまいます。

そこで専用のカバーを取り付けることでこの点灯ムラを緩和して器具全体が光るように工夫がなされています。今のLED照明器具の性能は、このカバーの拡散性によるものが大きなポイントを占めています。

今回設置させて頂いたLED棚下灯はオーデリック(ODELIC)の製品です。照明専門メーカーとしては老舗です。安心してお使い頂けるメーカーです。点灯後はお客様にとても明るいとお喜び頂きました。


棚下灯はご覧の通りひもスイッチが付いているのが一般的です。
つまり、頻繁に点灯と消灯を繰り返す作業灯として使用される事を意味します。見た目は地味ですが、割と重労働を課せられた照明器具なんです。点灯・消灯の回数が多ければ多いほど経年劣化が進み故障のリスクが高まります。だからこそ、安心したメーカーの商品がオススメです。また、蛍光灯よりも高い反応は、これからの作業意欲を高めてくれるでしょう。やっぱり紐を引っ張ったら即点灯して欲しいですよね。その点、LED棚下灯は即点灯します。また、作業効率の面から見ても手元をしっかりと照らす基本性能が高い商品がオススメです。

以上の事から、このオーデリック(ODELIC)の棚下灯はオススメでします。2019年1月10日現在ですが、在庫商品として確保しております。

2019年01月09日

こんにちは、てるくにでんきの堂園秀隆です。
年末年始はシーリングライト(天井照明)がよく売れるシーズンのひとつです。
2018年12月もよく売れました。
そしてお客様のお部屋にも設置に伺いました。

自分は市場調査(マーケティング)や照明器具の勉強の意味も込めて、お客様のお部屋で実際に設置作業をさせて頂きこうして写真を撮る機会が多いです。

その経験の中で思うのは、昨今のLEDシーリングライトの高機能化です。昔は電球色タイプ、昼白色タイプ、昼光色タイプと光の色で器具の種類が分かれていました。

今では普及タイプの器具でもすべての光色を表現する事が可能になりました。リモコン操作で電球色→昼白色→昼光色と操作することが可能です。

さらに明るくしたり暗くしたりの操作も可能です。

この事により、メーカーにもメリットが生まれています。各種類の在庫を抱えなくても1種類で済むからです。今後もこの流れは続いていくでしょう。

(写真は東芝ライテックの6畳用LEDシーリングライトです)

寝室や子供部屋など個室に最適 リモコンで光の色を変えたり明るさを調節可能 6畳用LEDシーリングライト 賃貸もOK簡単取付 tos-6-ceil

標準小売価格22,140円→販売価格5,900円