照明に+1視点! 社長ブログ

自社サイトをリニューアルしました

2020年05月06日

こんにちは、照国電機株式会社の堂園秀隆です。
この度、自社サイトのリニューアルを行いました。
自社サイトでは今までとは違い、弊社スタッフが厳選した商品をご紹介しております。

https://terukuni.co

厳選とはなにか?

それはスタッフが日々の業務で取り扱っている商品の中で、これは自信を持ってお勧めできる照明器具に絞り込んだ事です。

ぜひお客様に見て頂きたい商品をラインナップいたしました。自社サイトに掲載されていない商品はYahoo!ショッピング店に掲載しておりますのでご利用ください。

わざと陰影を作ることで明るさにメリハリが付き、奥行き感が出るとリラックスしたムードになる

2020年05月04日

おしゃれな照明にしたい!

このような感じで一般の方のお部屋や店舗などの照明についてご相談を頂くことが職業柄多いのですが、まず鉄板なのは配線ダクトレールとスポットライトの組み合わせをおすすめしています。

スポットライトを点灯すると明るい部分と暗い部分がくっきりと別れます。これが、一般的なお部屋に設置する蛍光灯やLEDのシーリングライトとの違いです。後者はとにかく、お部屋をまんべんなく明るくする事が目的で作らています。

確かにお部屋全体が明るくなりますが、陰影が目立たず無難な明るさをお部屋にもたらします。

一方でスポットライトを点灯したときはどうなるか?
下記の写真のように明るい部分と暗い部分がハッキリとして魅力的な陰影を生み出します。この陰影で立体感が強調され奥行き感が出てきます。

このような状態の照明は、日本人をリラックスさせます。
日本人にはロウソクの明かりの文化があり、昔はその炎がもたらす陰影のもとで食事をしたり家族のだんらんを過ごしてきたからです。

ご先祖様のそのDNAを受け継いだ私達日本人は、こうしたあかりを自然と求めているのです。

下記の写真は照明器具の実例集にも掲載しております、スポットライトを書斎に設置させて頂いた例です。

大阪府にお住いのY様 書斎

こうして壁面を照射することで陰影がくっきりと描き出されます。
スポットライトはライティングレールと組み合わせると明るくして欲しい部分に自由に照射させる事が可能になり、さらに壁面や天井面を照射すると魅力的な陰影を作り出しさらに間接光となってお部屋を包み込む優しい光に変化します。

オシャレな照明なら、まずライティングレールとスポットライトで間違いなしです。

ご高齢のご両親のために廊下の照明器具のスイッチを調光器に交換したお客様のお話

2020年05月01日

普通、調光器といえば、居室分に設置することが一般的です。
リビング、ダイニング、寝室などに取り付けて照明の明るさをコントロールし快適な空間を演出するスイッチが調光器の役割でした。

下記の写真は既存のオン・オフだけだったスイッチを調光器に交換して、ダイニングルームに設置した白熱灯のペンダントライトの明るさを自由に切り替えが出来るようにしたものです。

普段は80%程度の明るさで過ごし、夜の食事時などは50%に落として落ち着いた雰囲気にします。テレビで映画をみたりする時は雰囲気重視で明るさを20%に絞り込みます。

これが一般的な使い方です。

ところが、あるお客様から廊下の照明をすべて調光器で操作できるようにして欲しいとのご要望を頂戴しました。一緒に住んでいらっしゃるご両親がご高齢であるためそのような工事をして欲しいとのことでした。

廊下に出た時にセンサースイッチでパッと照明が自動点灯したとします。それまで寝室などの暗い部屋にいた場合、廊下に出て急に明るくなると明順応が起きて目が慣れるまでしばらくまぶしい状態が続く。下手をすると転倒の危険性があるとお客様からお聞きしました。

そこで、廊下の照明を薄暗くする事で、夜中にトイレに起きて廊下に出ても明順応を最小限に抑えられて安心だとのことでした。

お客様から現場で教えて頂く事は本当に多種多様にあります。
今回も大変勉強になりました。

埼玉県草加市にお住まいのH様 廊下

自宅と事務所の往復で巣ごもりしていましたが、夜の成増駅界隈を久しぶりに歩いてその閑散ぶりに驚きました!

2020年04月30日

写真は21時前の成増駅近くのものです。
この辺は成増の飲み屋街が連なっていて、いい感じのスナックや居酒屋で賑わっていていわゆる昭和の夜の世界を感じさせる場所なのですが、コロナ禍の影響でどこもかしこもこの時間で閉店しており真っ暗でした。

自粛を言われている世間一般と同じく、リモートなどのテレワークこそ導入できませんが私達も自粛(事務所と自宅に往復)しており、夜の成増界隈をじっくり見てこなかったせいか、その閑散ぶりに驚いてしまいました。

この自粛ぶりが日本全国、いや全世界的に広がっているんだと思ったら・・・背筋が寒くなりました。飲食店の経営者はきっと自粛による影響で設備投資を控えるはずです。当たり前の事ですが、照明などの電気設備に対しては財布の紐が固くなるのは容易に想像できます。

幸い、まだ弊社が担当している現場ではコロナの発生は報告されておりませんが、コロナの影響で現場の仕事が出来なくなる場合があるかもしれません。幸い、ネットショップを運営しているのでそちらの売上には今の所影響はないのですが、それもこの自粛が続けばいつまで売上を保てるのかわかりません。

飲食店の経営者は、毎月当然発生する家賃などの固定費に頭を抱えていると報道番組で見ましたがその通りだと思います。売上が無ければ、家賃も給料も支払う事は出来ません。

成増駅界隈の飲食店はあちこちでこの売上ダウンに対して、日中のテイクアウト路線に舵を切ったところが多数現れてきました。今はこうしてもがいてもがいて売上を確保するしかないんだと感じました。

弊社でもコロナで大変な思いをされている経営者の方へどんなアプローチで援助できるか考えていかねばならないと感じております。苦しくても今を通り過ぎれば、きっと先が見えるはずです。お互いにがんばるしかないです。

ダウンライトも日々進化している

2020年04月29日

ダウンライトというと天井に穴を開けて埋め込んで使う照明。天井面がフラット(平ら)になるので照明器具が目立たなくなるのがメリット。デザイン性はあまり重視されない、いやあまり奇抜なデザインはできないタイプの照明だし、LEDになったのでもうこれ以上の進化は望めないだろうなぁ・・・。

こう考えがちなのですが、さらに進化した商品が出てきました。

壁スイッチの切り替えで、電球色と昼白色の切り替えができるタイプの高機能ダウンライトが発売されています。

楽調 60形 ダウンライト [LED昼白色・電球色][ホワイト][Φ100] DDL-4395FWDS

この機能が付いていれば、例えばセミナールームに設置すると2つのパターンでお使い頂くことが可能になります。

勉強会や会議などで使う場合は、シャープなイメージを与える昼白色。

懇親会など親睦を深めるような雰囲気の場合は、柔らかなイメージの電球色。

このような感じで一つの部屋でありながら2通りの使い方が可能になります。例えば昼白色でセミナーを開催し、その後に場所を移動せずスイッチで切り替えるだけで、くつろぎやすい電球色のあかりになり、同じ場所が懇親会の会場になります。

器具がスポットライトではありますが、同じくスイッチで切り替えて2通りの使い方をされている例があります。

福岡県福岡市博多区の株式会社ピアリビング様 博多オフィス セミナールーム

日中はECに関するセミナーを開催し、夕方からは場所を移動することなく懇親会会場に切り替えることが出来たと大変喜ばれました。

これから、セミナールームや会議室のリニューアルをお考えの方におすすめできるダウンライトだなと思っております。