2019年05月31日

東芝ライテック NDR0211 VI形 ライティングレール(配線ダクトレール) (1m・白)

東芝ライテック NDR0232 ライティングレールVI形用 エンドキャップ (白) 

東芝ライテック NDR0231 ライティングレールVI形用 フィードインキャップ (白)

埼玉県さいたま市にお住まいのW様からのご依頼で、ダイニングルームに配線ダクトレール(ライティングレール)を新規に増設する工事をさせて頂きました。

この縦長の窓のセンターに1mの配線ダクトレールを設置することになりました。

センターをきちんと測るためポケットレーザー墨出し器を使います。

もとの電源位置から天井内に隠蔽配線を施します。
技術のいる作業ですが、ベテランの電気工事士さんなので問題なくクリア。

今回はお客様がお持ちのペンダントライトを3灯吊り下げて工事完了です。

お客様がご希望通りの位置にレールを設置しました。
窓とレールの位置がピッタリ収まって統一感のあるダイニングルームに仕上がりました。午前中の朝日を取り入れたダイニングで飲むコーヒーは美味しいでしょうね。夜はペンダントの明かりがムードを盛り上げる。素敵なダイニングルームだと思います。

2019年04月15日

オーデリック Retro Future レトロフューチャー コード吊ペンダント [LED電球色] OP252230LD

東芝ライテック NDR0212 VI形 ライティングレール(配線ダクトレール) (2m・白)2本

東芝ライテック NDR0235 ライティングレールVI形用 T形ジョインタ(右) (白)

東芝ライテック NDR0232 ライティングレールVI形用 エンドキャップ (白) 3個

てるくにでんき オリジナル ライティングレール用 LEDスポットライトセット TSLW03 2個

東京都調布市にお住まいのI様から、てるくにでんきFacebookページを通してご相談を頂戴しました。

現在ダイニングルールに設置しているシャンデリアがやや暗め。ダイニングテーブルで小さなお子様が勉強するには暗すぎて適さない照明。これを改善されたいとのご相談内容でした。

下が施工前のビフォー写真です。カーテンレールのアイアンワークなインテリアとシャンデリア。壁のエッフェル塔の切り絵とマッチしてとても素敵なダイニングルームだと思います。大人が過ごすにはちょうど良いかもしれません。しかし、小さなお子様がこのダイニングで勉強するには明るさが足りないですね。

【ビフォー写真】

下が施工後のアフター写真です。ライティングレール(配線ダクトレール)をT字型に設置しました。ペンダントライトとスポットライトを組み合わせて、ダイニングルームで小さなお子様が勉強やピアノを演奏する時に、的確な灯りが手元に来るように設計して設置させて頂きました。

照明器具、工事代金込で税込み79,403円でした。

【アフター写真】

工事時間は約3時間ほどです。
まずは、既存のシャンデリアを撤去して、既存の配線からライティングレール(配線ダクトレール)を設置する際の電源取り出し口まで天井裏の隠蔽配線を行います。一戸建て木造住宅のお部屋でしたので天井裏に若干の空間があります。今回は約50cmほどの距離でしたが、天井裏に針金を通して電源用のFケーブルを通線しました。

弊社ではライティングレール(配線ダクトレール)を設置する際は、出来るだけ正確に位置を割り出すためにレーザータイプの墨出し器を使用します。

レーザーで割り出した位置に正確に配線ダクトレール(ライティングレール)のパーツを設置していきます。

レーザーの位置に沿って設置することで美しく正確に設置する事が可能です。今回は使い勝手を考えてT字型に設置させて頂きました。

ペンダントライトはお子様の勉強の事を考えて明るめの白熱灯100W相当のLED電球色のタイプを選びました。またカーテンレールのアイアンワークに合わせて、黒の素材でクラシカルなイメージのものを選びました。レールに関しては当初、黒をご要望されていたのですが、使用例などを御覧頂いて最終的に白の配線ダクトレール(ライティングレール)に落ち着きました。

スポットライトはピアノ演奏時に使用する譜面を照らすように設置しました。レール上でしたらお好みの位置にスポットライトを設置出来るので、今後は気分を変えて色々な場所を照らしてみるのも面白いと思います。

レール上であれば、好きな位置にペンダントを吊り下げたりスポットライトを設置する事が可能です。将来的にお部屋のレイアウトを変更しても対応出来るので便利な照明システムだと思います。

配線ダクトレール(ライティングレール)の設置でお悩みの方は、ぜひお問合せください。弊社営業エリア内でしたら、無料で現場調査をさせていただきます。

2019年04月08日

防雨型 Q7/Q6シリーズ アウトドアダウンライト [LED昼白色][ブラック] OD261791

東京都文京区駒込にあるPマンションの管理会社様からのご依頼で廊下共用部のダウンライト交換工事をさせて頂きました。

もともと設置されていたダウンライトはFDL13Wの蛍光灯タイプのダウンライトでしたが、ソケット部分が経年劣化してしまい蛍光灯ランプを交換する時にソケットが破損(もげてしまう)してしまい、さらに天井から器具がずり落ちてしまったそうです。

当然、照明は点灯しなくなってしまったのですが、問題はそのままに放置していたら電気的に問題があると言うことです。破損箇所が悪ければいつ漏電してもおかしくない状態です。

そこでPマンションの管理会社様はとりあえず落下だけは避けるため、下記の写真のように養生テープを使ってダウンライトを仮固定していらっしゃいました。

まず養生テープを剥がします。
一般的なガムテームなどを使うと天井の塗装が剥げてしまいます。仮固定の処置をされた方は知識がお有りだったようで、塗装の剥げる可能性の少ない養生テープを使って下さったので、その後の処置が楽でした。

ずり落ちていたダウンライトの止め金具を慎重に外してダウンライト本体を撤去します。

このダウンライトはたまたま後ろに大きな点検口があったので作業が楽でした。作業前に点検口から目視で器具の状態を確認出来たからです。

無事既存のダウンライトを綺麗に撤去することが出来ました。

新しいダウンライトは光源がLEDタイプです。また開放廊下でしたので、屋外用の防雨タイプのダウンライトを選んで設置させて頂きました。これで、明るくてメンテナンスフリーの共用部エレベーター前の照明設備が実現しました。

2019年03月28日

東京都練馬区にお住まいのH様の内玄関に設置されていた既存のLEDダウンライトを白熱灯のペンダントライトに交換する工事をさせて頂きました

普段は照明器具のみの交換工事は対応させて頂く事はないのですが、H様には何度もご注文を頂き照明器具をお買上げ頂いたことがあったのでVIP対応で設置させて頂きました。

というのは少々大げさですが、お客様が持ち込まれた照明器具を設置させて頂く場合には必ず確認させて頂く事項があります。

※ 照明器具を設置後、工事以外の不具合で点灯不良が発生した場合は、お客様ご自身で照明器具をお買上げ頂いたお店へ対応して頂く。

つまり、工事の保証は致しますが、照明器具の保証は致しませんという事です。この点についてご理解頂いたリピーターのお客様に限ってお持ち込みの照明器具設置工事は承っております。

話は元に戻します。
H様の内玄関は電球色LEDで埋込穴が100Φのダウンライトが設置されていました。これでは内玄関が殺風景で味わいがないので、意匠的なペンダントライトを設置したいというのがご希望でした。

まず既存のダウンライトを外します。
バネ式で固定されているのでゆっくりひっぱり出せば外せます。ただし、ゆっくり慎重に引き出さないと石膏ボードの天井に傷をつける場合があるので慎重に作業をする必要があります。

ダウンライトを外してFケーブル(電線)のみが天井から出ている状態にします。

このダウンライトの穴に下地材を入れて角形シーリングを固定します。

この角形シーリングにペンダントライトを接続します。

フランジカバーを被せて固定します。
ここまでくるとダウンライトの穴もビスもフランジカバー内に収まるので天井がすっきりします。

最後はガラスグローブを取り付けて終了です。

玄関がとても華やかになりました。
実用的な電球色LEDダウンライトの灯りよりも、ガラスグローブからこぼれ出る陰影を含んだ白熱電球の灯りの方がH様は好みだとおっしゃっていました。出来上がりを見てとても喜んで頂きました。

2019年03月06日

オーデリック プラグタイプコード吊ペンダント [LED電球色] OP252480LD

東芝ライテック NDR0212(K) VI形 ライティングレール(配線ダクトレール) (2m・黒) NDR0212K

東芝ライテック NDR0231(K) ライティングレールVI形用 フィードインキャップ (黒) NDR0231K

東芝ライテック NDR0232(K) ライティングレールVI形用 エンドキャップ (黒) NDR0232K

東京都練馬区にお住まいのH様からダイニングテーブルの電源位置がずれているため、中央にペンダントライトを多灯吊り出来るようライティングレール(配線ダクトレール)を設置して欲しいとのご相談を承りました。

下記の写真は現場調査に伺った時のものです。ダイニングテーブルの位置より20cmくらいずれていました。

H様のご希望は、黒のライティングレールを設置して、そこにペンダントライトを2~3灯吊り下げたいとの事でした。

そこで、2mの黒のライティングレールを好みの長さにカットして設置することにしました。現在の電源位置とライティングレールの先頭に付ける電源接続用のフィードインキャップの位置が50cm程度の距離でしたので、天井裏で隠蔽配線することにしました。実はこの隠蔽配線はとても難しく、弊社でも条件の限られた現場のみ対応しております。

今回は現場調査の段階で出来ると判断しました。

工事の際にレーザーで正確な墨出しを行い、ライティングレールを設置する位置を割り出しました。グリーンの線がレーザー墨出し器の描いた線です。

黄色い電線が出ているところが既存の電源位置です。黒いライティングレールの先頭に鉛筆で書いた三角の部分がフィードインキャップに引き込む新しい電源位置です。50cmくらいの距離ですが、天井裏を隠蔽配線するのは中々難しく対応してくれる業者は限られているのではないかと思います。

弊社ではこうした隠蔽配線に慣れた熟練の電気工事作業員がおります。数多くの現場を経験していますので、下記の写真のように既存の電源位置から新しく設置したライティングレールの電源引き込み用のフィードインキャップの位置まで天井裏を隠蔽配線させる事が可能です。

無事ライティングレールを設置して、オーデリックの気泡が入ったペンダントライトを2灯設置しました。このペンダントライトはフレンジ部分にコードを巻き付けて収納する事が可能となっております。通常はダイニングテーブルから器具の下部まで70cm~90cmの高さで吊り下げます。

気泡入りのガラスグローブからこぼれ出る灯りはとても雰囲気があり、お部屋の中を心地よい空間に仕上げてくれました。H様にも大変喜んで頂きました。

リビングにはコイズミ照明のシャンデリアを設置しました。同じく黒いフレームを使った照明なので統一したイメージのインテリアになりました。