てるくにでんき 照明器具の実例集

法人事務所でもダクトレールは利用できる?光量や天井工事の不安を解決する方法

2022年06月24日

オフィスなどの法人事務所は、働く場としての価値が問われるようになってきています。魅力ある事務所でなければ、働く意欲が下がってしまいます。またよい人材も集まりません。そうした働く価値がある職場を、「てるくにでんき」は照明で実現しようとしています。

数ある照明器具の中でもダクトレールがオススメです。ダクトレールを使うことで、オシャレな事務所も実現できます。とくにイージーアップ配線ダクトを使えば、法人事務所やオフィスでかつてよく利用されていた、埋め込み式照明の穴をそのまま活用できます。

働く価値ある魅力的な職場にはオフィス照明が重要!安く電気工事をする方法

しかしダクトレールはスポットライトを設置しているところが多く、光量が足りるのかという疑問もあるでしょう。またダクトレールを使った際の天井工事に対する不安もあるはずです。そこでこの記事ではダクトレールの光量は十分なのか、大規模な天井工事が不要なイージーアップ配線ダクトとはどのようなものかについて説明します。

ダクトレールのメリット

ダクトレールのメリットは以下の3つのメリットがあります。

  • オシャレなオフィスにできる
  • 照明器具の付け替えが簡単
  • 場所によって明るさを調整できる

ダクトレールは天井にレールをつける形で、そこに照明を取り付けられます。ダクトレールにつけられる照明を選ぶことで、オシャレなオフィスが実現できます。またダクトレールに照明器具を取り付ける形のため、付け替えが簡単です。

さらにダクトレール上であれば、照明器具を移動できるため、場所によって明るさを調整できるというメリットがあるわけです。家庭用のキッチンやリビングで利用されることが多いですが、法人事務所でも活用できます。

法人事務所でダクトレールを利用しても光量は足りる?

ダクトレール用の照明器具となると一般的には、ペンダントライトやスポットライトのイメージが強いです。しかし実際にはそれ以外の照明器具もあります。たとえば以下のようなベースライトというタイプの照明器具もあり、全体を明るく照らすこともできます。

またダクトレールでは多灯照明を1つのレールで実現可能で、ベースライトで全体を明るくし、スポットライトやペンダントライトで必要なところに必要な明かりを届けることも同時に実現可能です。

一般的にはダクトレールを使った照明は、間接照明のようなイメージが強いです。しかし十分な光量を確保できるHf32形蛍光管相当のLEDベースライトが、各メーカーよりリリースされています。

Hf32形蛍光管相当であれば、一般的に官公庁やオフィス、店舗、駅舎などに利用できる明るさです。そのためダクトレールの照明においても十分な明るさを確保できます。「てるくにでんき」でも、「店内を明るくしたい」という要望のもと、カメダレールソケットは既存の配線ダクトレールに取付可能なLEDベースライトを設置した事例があります。

以下の店舗はもともとカフェとして使用されていた空間だったため、照明器具が天井にありませんでした。スポットライトのみで店内は全体的に薄暗く、暗くて店内に入りにくい印象を持たれてしまいます。
そこでカメダレールソケットを店舗奥と手前に設置しました。壁面・天井面を重点的に照射することで、以下の写真のように明るく入りやすい店舗となっています。
このように上記事例は店舗ではありますが、法人事務所も同様です。ダクトレールで十分に光量を確保できるのと同時に、明るい事務所にすることで、働く皆さんが働きやすい職場になります。

イージーアップ配線ダクトであれば大規模な天井工事は不要

イージーアップ配線ダクトは埋め込みユニットサイズにダクトレールを埋め込むことで、大規模な天井工事は必要なく、照明器具の選択肢を増やせます。イージーアップ配線ダクトを使っても、レールには、物理的スペースが許す限りいくつも照明をつけられます。通常レールの工事も単体でおこなう必要がありますが、それも不要です。

レール自体は多くのメジャーメーカーから販売されており、対応する照明器具も同様、非常に多種に渡る機器が大小問わず多くのメーカーから販売されています。このようにイージーアップ配線ダクトを利用することで、大規模な天井工事を行わずにダクトレールを使用できるため、オシャレな働きやすい法人事務所が実現できるわけです。

法人事務所のダクトレールなら「てるくにでんき」へ

法人事務所やオフィスでかつてよく利用されていた、埋め込み式照明の穴をそのまま活用できるのがイージーアップ配線ダクトです。ダクトレールのイメージとして光量が少ない不安が一般的にあるのですが、そうした不安は照明器具を組み合わせることで解決できます。
さらにダクトレールを新たに使う場合でも、イージーアップ配線ダクトを使用することで、安価で、しかも短期間で設置可能です。「イージーアップ配線ダクト」であれば、大規模な天井工事も必要ありません。そのため光量の心配はそれほどなく、大規模な天井工事もなく、そして働く価値のある職場づくりができます。

「てるくにでんき」では「イージーアップ配線ダクト」を使った働く価値のある魅力的な法人事務所を作るのが得意です。ご興味のある方はぜひイージーアップ配線ダクトの工事をご相談ください。

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です