てるくにでんき 照明器具の実例集

神奈川県川崎市にお住いのN様宅 リビングルーム

2021年05月27日

パナソニック 美ルック 直径150ミリLEDダウンライト 調光可能型 XAD3211LCB1 ×4台

 

パナソニック 埋込穴直径175ミリ→150ミリ リニューアルプレート NNN80005K ×4台

神奈川県川崎市のN様宅(マンション)リビングルーム内に設置されている直径175ミリの蛍光灯ダウンライト×4台を、パナソニック製 美ルック 直径150ミリLEDダウンライトXAD3211LCB1に交換させていただきました。現行品で直径175ミリの家庭用ダウンライトは品揃えがありません。そこで直径175ミリの埋込穴を150ミリに変換するリニューアルプレートを併用しました。
AFTER

BEFORE

幻のコンパクト形蛍光ランプFWL27EX-L

N様宅に設置されていたダウンライトは東芝ライテック社製FWD-2774-EL、1989年発売の蛍光灯器具です。ランプが切れてしまい交換を試みましたが、使用蛍光ランプFWL27EX-Lは既に製造中止、家電量販店を巡りましたが在庫が有る店舗は見つかりませんでした。インターネットで調べると生産終了品という理由で数千円という高値で取引されている状況・・・。困り果てて弊社にダウンライトを交換可能か否かお問い合わせをいただいた次第です。

豊富な品揃えΦ150ミリダウンライト

まずは新しいダウンライトの仕様決定です。現状の埋込穴Φ175ミリ→Φ150ミリへ変換するリニューアルプレートの存在を確認しましたので、比較的バリエーションが豊富なΦ150ミリのダウンライトから選ぶことができます。ポイントは大まかに分けて以下の5項目です。打ち合わせの結果XAD3211LCB1に決定しました。
①演色性(色の見え方)
②光の色(昼白色・温白色・電球色)
③調光可能か調光非対応か
④ランプ交換可能型かLED一体型(交換不可能型)か
⑤明るさ・光の広がり方

リビングには調光機能がおすすめ(0%-30%-100%)

リビングの照明は調光器機能付きのものをおすすめします。調光機能が無いと照明の明るさは0%か100%しか選べません。調光機能があれば、0%~100%の間でお好きな明るさに調節することが可能です。壁のスイッチを調光器に変更する工事が必要となりますが、家の中で過ごす時間をより楽しむためのアイテムとして是非ご検討下さい。

交換台数は多いとお得!

写真には写っていませんが今回はリビングの他、キッチン・廊下・ダイニング等合計11台の交換工事をご注文いただきました。ダウンライト交換工事単価は台数が多くなれば当然お安くなります。同時期に設置した器具でしたら近いうちに不点灯が生じる可能性大です。LED照明器具交換は切れた箇所だけでなく、全ての器具を一度に交換することをおすすめします。
BEFORE

AFTER

FDL、FWL、FPL、FHT、FML等で始まる品番のコンパクト形蛍光ランプを使用したダウンライトは、設置から15年以上経過して交換の時期にきています。不点灯が生じてなくても内部は劣化が進んでいますので省エネ対策の一環としてLED化交換工事をご検討下さい。

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です