2017年04月06日

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。

今日の懇親会

本日は弊社の卸事業部で32年前からお世話になっている新日本リフォーム株式会社様の安全大会に出席してきました。リフォーム関係に絡む電気工事のお仕事をご依頼頂いている企業様ですが、弊社でも一番長くお付き合いさせて頂いております。

安全大会とはリフォーム工事の無事故・無違反をみんなで協力しあって達成しようという名目で集う懇親会です。普段お付き合いのある職人さんや各協力業者の社長さんが集まり賑やかに楽しく懇親会で過ごしてきました。

私の現場経験の基礎はここのお仕事で学びました。
まだ大学生だった私は、ここのリフォーム工事現場で手元(てもと)としてアルバイトをしていました。電線を運んだりゴミを片付けたり、いわゆる現場でのアシスタントです。

電気工事の職人さんはもちろんですが、様々な内装業者の職人さんたちから色々と学ばせて頂き、今の「照明器具の専門店 てるくにでんき」のコンテンツとなる照明工事や配線工事の基礎が出来上がりました。自分のホームのような場所です。

来年度ももちろん無事故・無違反を目指してクオリティの高いリフォーム工事を目指します。

2017年03月21日

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。

本日のお客様のご要望

本日は仕事仲間のA社長からFL40W逆富士2灯用照明器具につてのご相談を頂きました。上の写真は、A社長の事務所の照明器具の写真です。
経年劣化でソケットの部分が欠けてしまったようです。Facebookのメッセンジャーでこの写真を送って頂きました。最近はこうしたSNSで写真を拝見しながらご相談を承ることが出来るのでとてもスピーディーに対応することが可能になりました。便利な時代ですね。

ご要望に対する対応

ソケットの交換費用よりも器具ごと交換した方が今後の事を考えると良いだろうと判断しました。お選びしたのは下記のベースライトです。

イージーアップ リニューアル専用 富士型器具 [蛍光灯] FSA42040FVPN9

リニューアル専用機種で幅広となっていいます。その理由は既存の照明器具の跡を隠すことが出来るからです。ランプはFL40W,32形Hfの両方が使用できるタイプです。来週の月曜日に交換工事をさせて頂く事になりました。

2017年02月15日

本日のお客様のご要望

照明相談会にお越しになったI様の配線ダクトレール工事に関する打合せをメールにて行いました。I様のご希望は子供部屋2部屋(5畳と5.5畳)に配線ダクトレールを設置される事です。さらに調光・調色機能も同時に持たせたいというご希望をお持ちです。

ご要望に対する対応

お調べした結果、パナソニックとオーデリックの製品でこの希望を叶えるスポットライトと専用のスイッチ(調光・調色機能搭載)を見つけることが出来ました。さらに精査した結果、オーデリックの製品に方が性能が勝ることがわかりました。

お部屋の壁スイッチを上記のLC211に交換して、ダクトレールのスポットライトにはOS256132PCをお選び頂けば、明かりの明暗の他に光の色を電球色と昼白色の2つに使い分けることが可能になります。

ダクトレールは直付型でも簡易取付型でも大丈夫です。

 

2017年02月09日

LGB54396LB1のスポットを3台取り付けるのに、調光器はどちらを選んだらいいでしょうか?

こんにちわ!受注担当の堂園あさこです。
LEDを使用しているものでも、専用の調光器を壁のスイッチと交換工事することにより調光(光を明るくしたり、暗くしたりするもの)出来ます。

ただ調光器も色々と種類があってどれにしたらいいか悩みます。今回はWTC57582WとWTC57583Wとでどちらにしたらいいのか?というお問い合わせでした。

まるで間違い探しのよう

価格が違うのはすぐにわかりますが、あとはどこが違うんだろう??というまるで間違い探しのようになってしまいます。違う箇所は(適合LED専用2A)((適合LED専用3.2A)の部分。使用できるLEDの容量の違いなんですね。容量が違うと接続灯数が変わるわけでして、この1台の調光器に対して何台のLED照明器具を使うのか?ということになるわけです。

今回は3台のみなので、どちらも問題はないのですが、その場合はやはり価格が安い方がいいですよね。