2019年07月09日

こんにちは!お問合せ担当の神尾です。

本日のお客様のご要望

東京都板橋区内マンション管理組合の理事を務めております。先日清掃の際、非常用照明器具のガラスカバーが破損してしまいました。ガラスカバーのみ取寄せできればいいのですが、とても古い器具ですのでこれを機に交換も視野に入れてます。既存器具は東芝電材株式会社製 FEC-2101-100 昭和59年製造、直径29センチです。工事費を含めたご提案をお願いします。

ご要望に対する対応

お問い合わせありがとうございます。東芝製でFEC-2101-100を調べてみましたが該当品番を検索することができませんでした。パナソニック社 LED製非常用照明器具NWCF11100LE1+リニューアルプレートFK11000にてお見積もりさせていただきます。

2019年04月09日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

日頃からお世話になっている不動産オーナー様からのご依頼で、東京都中野区内賃貸マンション共用部の照明器具交換工事の現地調査にお伺いしました。
完成から25年以上経過した物件のため、廊下の蛍光灯照明器具に破損や不点灯が発生してきています。新宿副都心にも近いのでこれを期に20代から30代若者層向けに修繕を希望されています。先方からの案を【たたき台】に、弊社のご提案を加えた御見積りを提出させていただいきました。

2018年12月12日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日のお客様のご要望

板橋区に二階建ての賃貸アパートを経営しており、各階に1機ずつある誘導灯が故障しているため早急に対応するよう消防署にご指導を頂きました。単なる電球切れではないように思われますので、機器交換の方向でお見積もりを頂けますか。よろしくお願い致します。

 

ご要望に対する対応

早速現地にお伺いして詳細を調査してきました。通常は常時点灯しているはずの誘導灯が消灯しています。予備電源であるバッテリーの切れているようです。パナソニック製LED誘導灯FA10312LE1へ交換した御見積りお送りしますので御検討のほどよろしくお願いします。

2018年11月27日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

10月29日報告済。東京都板橋区の賃貸マンションオーナー様から正式にご注文をいただき、共用部の非常用照明器具をパナソニックLED製 NNFB90605Jに交換しました。
BEFORE
AFTER
非常用照明は建築基準法で規定され、停電の際に真っ暗にならない事が設置の目的です。非難や救助のため30分間点灯することが求められます。内蔵のバッテリーで点灯する仕組みですが、このバッテリーの消耗により今回不点灯が指摘されたそうです。
器具交換の目安は8~10年、耐用限度は12年といわれています。従来のハロゲン球を使用したタイプと比較すると大幅な電力削減につながるLEDタイプ、大がかりな工事を必要としない簡単リニューアル対応型です。

良質な設備は物件の価値を高め、ひいては空き家対策にもつながります。

2018年10月29日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

東京都板橋区の賃貸マンションオーナー様からのご依頼で、共用部に設置されている非常用照明器具交換工事の現地調査にお伺いしました。
現在は2000年製松下電工 LB91670が設置されています。今回検査にて不点灯が指摘されたそうです。このようなケースの場合、
①、内蔵バッテリーを交換する
②、非常用照明器具ごと交換する
の2通りの選択肢があります。
設置から18年経過しているため、②の器具交換にて御見積りを提出させていただきました。(パナソニック LED製非常用照明器具NNFB90605J)