2016年10月05日

9/30の日報ブログのその後

こんにちわ!受注担当の堂園(どうぞの)亜佐子です!
9/30に投稿しました輸入食材を販売されている商社様からの御問い合わせ。

9/30の投稿はこちらからご覧いただけます

ですが、弊社までパスタの商品を持ってお越しいただきました。

ブラックライトの光でヒビ割れは探せるか?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

残念ながら、、、、難しかったです。

また、海外で透明の袋に詰められたパスタを袋から出さずに検査するというのもハードルが高いということもありました。
ブラックライトの光を当てると、まったくヒビが見えない訳ではありません。先日も書きましたが、干物についている寄生虫をブラックライトで探している企業もあります。パスタとその寄生虫の色が似ているということもあり、もしや?と思った今回の実験でしたが、ただそれは干物とは違う異物を探すという点。素材も色も異なる異物を探すため際立たせることが出来るのであって、同じ素材の中でヒビというのは異物ではないので、いわばパスタの中のちょっとした隙間みたいなものを見つけるというのは、やはりブラックライトでは難しいことでした。

色々なことをお試しいただき、弊社にたどりついたこともありお客様としては大変残念な思いのようでしたが、何か良い方法が見つかりますよう影ながらお祈りしています!

2016年09月30日

パスタのヒビ割れを見つけるのにブラックライトは使えないでしょうか?

こんにちわ!受注担当の堂園(どうぞの)亜佐子です!
思いがけないご質問を頂戴しました。弊社ではオリジナルでブラックライトを販売しております。

bl-20blb50_1

このブラックライトを使って、海外から輸入された乾燥パスタのヒビ割れを探したい。という商社様からの御問い合わせでした。いったん輸入されたものを検品してヒビ割れていないパスタを選りすぐって商品とするのだと思いますが、確かに想像しただけでもヒビ割れを見つけるのは困難を要しそうですね。何気に購入しているパスタもこんな手間をかけて販売されているものなんですね。

さて、ブラックライトは長波長の紫外線というもの放電しているのですが、この紫外線をあてるとその中に含まれる蛍光物質だけが発光します。白の蛍光物質は特に発光しやすいので、ブラックライトといえば白が反応するとイメージする方も多いのではないでしょうか?ただ蛍光物質の含まれていない白い物は発光しません。蛍光物質ということがポイントです。

ですので、パスタという素材では少々難しい可能性がありますが、干物についたアニサキスという海産動物に寄生する寄生虫を見つけるためにブラックライトを使用している企業があります。

お客様も一度試してみたいというご要望がありましたので、ご来社いただくことになりました。
また後日談はここでご報告出来ればと思います。

2016年06月28日

こんにちわ!受注担当の堂園(どうぞの)亜佐子です!

てるくにでんきでは、オリジナルの商品としてブラックライトBL-20BLBを販売しています。

BL-20BLB50_1

若い方とかは、ブラックランプというとクラブとかで蛍光塗料が光って絵などを浮かび上がらせるって一番最初に思うかも知れませんね。

この蛍光塗料を光らせるものが、紫外線なんですが紫外線でも長波長側の近紫外線(波長368-371nm)というものです。

てるくにでんきのブラックライトBL-20BLBは日立のブラックランプを使用しています。

最大波長369nm

この波長は昆虫が好む波長でもあり、ブラックライトは
●捕虫器(電撃殺虫器など) 用の光源 ●光化学反応用 ●蛍光装飾照明用

と演出効果だけのためでなく使用されているのです。

てるくにでんきでは、そういった業務用として使われているお客様が多いようです。

ブラックライトのご相談はてるくにでんきまで!