てるくにでんきの毎日は照明器具の毎日

カテゴリー:シーリングファンの記事一覧

シーリングファンの延長パイプを60㎝から40㎝へ交換しました(東京都練馬区のお客様宅)

2022年04月26日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

東京都練馬区のお客様からのご依頼で、DAIKO ダイコー電機製シーリングファンYCF-014W6SSの60㎝延長パイプを、40㎝延長パイプに交換する工事にお伺いしました。
BEFORE
お客様宅のリビングは天井配線器具までの高さが約3メートルです。ご自身で60㎝延長パイプ付シーリングファンYCF-014W6SSを取付したところ、羽根が床から2.25メートルの高さにきてしまい圧迫感のある状況になってしまいました。

AFTER

設置後お客様からご相談のメールをいただきました。こちらのシーリングファンは40㎝(P40W)の延長パイプも取付可能です。20㎝短ければ床から羽根までの高さは2.45メートルになりますので圧迫感から解放されます。このP40Wへの交換工事を含めた見積をお送りしてご注文をいただきました。

高天井に最適なシーリングファン

都内の一戸建て住宅でスタンダードとなった傾斜付き高天井のリビングルームですが、解放感があり広々とした良い印象がある反面、空気の循環性が悪いのが一番の問題点です。これから夏に向けて冷房を使用する際、冷房の冷気は下に溜まりがちになります。
「座っていると涼しいが、立ち上がると暑い・・・」
このような空気温度の差を均一化させる役割を果たすのがシーリングファンです。(サーキュレーション効果)お早目の夏場対策をおすすめします。

傾斜天井にDCモーターシーリングファンを設置しました(東京都板橋区のお客様宅)

2022年04月07日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

東京都板橋区のお客様からのご依頼で、一戸建てリビングにODELIC オーデリック DCモーターシーリングファン本体WF249+灯具WF249+延長パイプWF738を取付させていただきました。
電球色
昼白色

取付高3.5m

ご新居のリビングは約30度の傾斜天井、天井配線器具(引掛シーリング)までの高さは約3.5メートル、傾斜付き高天井へシーリングファンを設置する際は以下の点に注意が必要です。
●ファン本体+照明器具+延長パイプの全長が適切か?
この組み合わせの場合全長は974mm、床からシャンデリア下面までの高さは約2.5メートルになります。2.5メートルですと一般的な天井高と同じですので圧迫感を感じることはありません。こちらの問題点はクリアです。

天井傾斜角度約30度

●ファン本体+照明器具+延長パイプの組み合わせが傾斜角度に対応しているか?

長さ60センチの延長パイプWF738を使用すると35度までの傾斜天井に取付可能となります。この傾斜角度は工務店さんに問い合わせすれば教えてもらえます。その他「傾斜天井面から羽根の先端まで15センチ以上、壁面から羽根まで50センチ以上離すこと」など制約事項がありますのでシーリングファン設置の際はご注意ください。

傾斜天井にシーリングファンYCF-014W6SSを取付しました(東京都西東京市のお客様宅)

2022年02月14日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

東京都西東京市のお客様からのご依頼で、約3.5メートルの傾斜付き天井付高天井のリビングにDAIKO ダイコー電機製シーリングファンYCF-014W6SSを設置させていただきました。

傾斜付高天井へシーリングファンを設置する際の注意点

首都圏の一戸建て住宅は傾斜付高天井が多くなってきています。どのような照明器具を設置するかで悩むところですが、一番重要なポイントは天井配線器具(引掛シーリング)までの高さを正確に計測することです。

取付高さ3.5メートルには60センチ延長パイプが最適

天井に付いている配線器具までの高さは約3.5メートル、YCF-014W6SSの全長は約88センチ、床から約2.6メートルの高さで羽が回転します。
「40センチのパイプか」「60センチのパイプか」で悩むお客様が多い延長パイプ付きシーリングファンですが、3.5メートルの高さでしたら60センチのパイプをおすすめします。逆に3.5メートル以下でしたら40センチのパイプがおすすめです。但し、40センチパイプは傾斜角度25度までとなりますのでご注意下さい。
このような傾斜天井の照明器具でお悩みでしたら関東近縁施工実績1000件以上の弊社に是非一度お問い合わせください!

高さ3.5メートルの傾斜天井にシーリングファンを設置しました(神奈川県川崎市のお客様宅)

2021年10月29日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

神奈川県横浜市のお客様からのご依頼で、3.5メートルの傾斜天井にDAIKO ダイコー製シーリングファンYCF-014W6SSを設置させていただきました。

取付高さ3.5メートルには60センチ延長パイプが最適

天井に付いている配線器具までの高さは約3.5メートル、YCF-014W6SSの全長は約88センチ、床から約2.8メートルの高さで羽が回転します。
「40センチのパイプか」「60センチのパイプか」で悩むお客様が多い延長パイプ付きシーリングファンですが、3.5メートルの高さでしたら60センチのパイプをおすすめします。逆に3.5メートル以下でしたら40センチのパイプがおすすめです。但し、40センチパイプは傾斜角度25度までとなりますのでご注意下さい。

サーキュレーション効果で快適な冬を

これからの季節、暖房を効率的に使用するためにはシーリングファンがおすすめです。天井にたまる暖気をかくはんしてお部屋の温度ムラを無くす効果があります。

3.4メートルの傾斜天井にシーリングファンを設置しました(東京都杉並区のお客様宅)

2021年04月28日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

東京都杉並区のお客様からのご依頼で、DAIKO ダイコー電機製シーリングファンYCF-112W6SSの取付工事にお伺いしました。

高天井に最適なシーリングファン

都内の一戸建て住宅でスタンダードとなった傾斜付き高天井のリビングルームですが、解放感があり広々とした良い印象がある反面、空気の循環性が悪いのが一番の問題点です。これから夏に向けて冷房を使用する際、冷房の冷気は下に溜まりがちになります。
「座っていると涼しいが、立ち上がると暑い・・・」
このような空気温度の差を均一化させる役割を果たすのがシーリングファンです。(サーキュレーション効果)

取付工事対応可能です

対応地域は限定となりますが、3.5メートル以下の高さでしたら取付工事にお伺いします。累計販売台数1000台以上の実績があるダイコー電機製のシーリングファンでこの夏を快適にお過ごしいただけます!是非ご検討下さい。