2019年09月13日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

8月22日報告済、東京都足立区のお客様から正式にご注文をいただき門柱灯をODELIC製 明暗センサー付 OG254458P1に交換しました。
AFTER
BEFORE
《明暗センサー》は周囲の明るさを感知して自動で点灯・消灯させる機能です。壁のスイッチをONにしておくことにより付け忘れや消し忘れもなくなります。
屋外用照明器具は設置から10年が交換の目安です。交換工事代金は8,000円(税抜)、地域によっては出張費がかかる場合がありますので詳細はお問合せください。

2019年09月02日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

東京都品川区のお客様からのご依頼で、パナソニック製 ペールゴールドカラーのLEDシャンデリアLGB57615Kを取付させていただきました。60ワット形の電球色LED電球を6灯使用、12畳程度のお部屋に対応します。

ここ数年全般照明はシーリングライトやダウンライトなどの存在感を極力抑えた器具が主流となっています。シャンデリアなど華美な器具のご注文は本当に少なくなりました。正直私も1年以上ぶりにシャンデリアを設置したのですがやはり心が湧くものがありました。
シャンデリアの魅力は凹凸のあるフォルムとそこから発されるリズミカルな光です。LED電球は白熱電球ほど陰影は濃くありませんが、ガラスグローブを通した光が天井に模様をつくるさまは目を楽しませてくれます。

LED電球は交換可能ですので明るさを変えたり、お子様の勉強用に光色を白色系に変えたりすることもできます。

2019年08月02日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

7月16日報告済。東京都武蔵野市のお客様から正式にご注文をいただき、リビングの傾斜天井に設置されているシーリングライトをODELIC製 Antifona アンティフォーナ ~12畳用OL251611に交換しました。
BEFORE
AFTER
傾斜天井にシーリングライトを取り付けする場合、天井に特別な補強を施す必要があります。但し、下記の写真の配線器具が天井に付いていれば補強は必要ありません。
そこで今回は、
●既存の照明器具を撤去
●配線器具(パナソニック製WG6005W)を取付
●新規照明器具(ODELIC製 OL251611)を設置
この内容で御見積りを提出、ご発注いただきました。
20年以上経過しているので器具跡は多少残ってしまいますが、破れや汚れなど大きなダメージも無く取り外すことができました。このような少し特殊な設置方法の照明器具の交換工事もてるくにでんきへお任せください。ご希望の予算内で最適な方法をご提案させていただきます。
本体価格:22,950円
配線器具及び照明器具交換工事費:8,640円
既存器具処分費:1,080円
合計金額:36,270円(税込)

2019年07月31日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

7月9日報告済み。東京都板橋区内のマンション共用部設置されている非常用照明器具をパナソニック製NWCF11100LE1に交換させていただきました。
AFTER
BEFORE

こちらのマンションは清掃を業者さんに委託しているそうです。その業者さんがランプ交換の際に誤ってガラスカバーを破損させてしまいました。

非常用照明器具は火災発生時に一定時間の点灯が求められます。そのためプラスチックなどの燃えやすい素材は使わずに燃えにくいガラスが使用されます。頑丈で重く取り扱いにくく、今回のような事故も起こりやすいのです。

古い東芝製の器具FEC-2101-100は直径29cm、外すとこのような状態です。
この器具跡を隠すように少し大きめのものを選ぶ必要があります。
そこで別売りのリニューアルプレート(直径33cm)を組み合わせてご提案、ご注文とあいなりました。
てるくにでんきではマンション共用部の照明器具交換工事承ります。
●1台のみでも対応してくれるかしら・・・
●日頃お付き合いのある業者さんが忙しくてなかなか来てくれない・・・
●管理会社さんに見積依頼したらとても高かった・・・

そんなお悩みをお持ちのマンション管理組合長さん・修繕委員さん、是非一度お問合せください。器具は卸価格、工事は事前見積りの定額制です。

2019年07月25日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

5月13日報告済み。東京都港区のビル管理会社様から正式にご注文をいただき、植込み内の埋込形照明器具を2台、パナソニック製ローポールライトXY2907KLE9に交換しました。
AFTER
BEFORE

こちらの照明器具は1987年のビル竣工当初から使用されているものです。特に不点灯などは発生していませんが長年太陽や風雨にさらされて色褪せ、ビル全体のイメージが良くありません。そこで最新型のLEDを使用したものに交換となりました。

ポールタイプの屋外用照明器具は地中に約40~50センチ程埋め込まれています。まずはそれを掘り起こす作業から始めますが、植栽の根が複雑に絡み合いなかなか堀り進みません。幸い地中でコンクリート固定はされてなかったのでスムーズに引き抜くことができました。

てるくにでんきでは今回の様なテナントビルはもちろん、個人宅のお庭の屋外用照明器具の交換工事を承ります。
●ランプ切れでそのまま放置されている・・・
●ガラスカバーが破損してほとんど使っていない・・・
●おしゃれなガーデニングを楽しみたい・・・
そんなご要望がありました是非一度お問合せください。現地調査も無料で行っております!