2018年05月11日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

日頃から世話になっているオーナー様のご依頼で神奈川県横浜市にあるワンルームマンションへ、照明器具等電気設備交換の現地調査にお伺いしました。

今回退去したテナントさんは約20年間こちらにお住まいだったそうです。主照明の蛍光灯コード吊ペンダントはなんと松下電工製1989年物(平成元年)。最新型のLED照明器具をご提案させていただきます。

弊社では照明器具の他、換気扇・インターホン・スイッチコンセントなど電気設備一式更新工事を承ります。良い設備は物件の価値を高め、ひいては空き家対策にもつながります。

2018年04月04日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

日頃からお世話になっている埼玉県大宮市のマンション管理会社様からのご依頼で、市内物件の共用廊下ダウンライトの現地調査にお伺いしました。電球形蛍光ランプを使用した直径125ミリのダウンライトを8台使用中、適合するランプの入手が困難になってきたのでLED化を検討中です。
埋込穴をΦ125→Φ100ミリに変換するリニューアルプレートAE44896Eと、目に優しい温白色のΦ100ミリダウンライトAD44505Lを組み合わせてご提案させていただきました。

2018年02月28日

こんにちは!工事担当の神尾です。

2005年2月に照明器具交換工事をさせていただいた東京都杉並区内のマンションオーナー様より連絡がありました。蛍光灯を交換しても点灯しないものが数台あるので再度工事をご希望とのことです。電話でアポイントをとり早速お伺いしてきました。物件は4階建ての賃貸マンション、共用廊下にODELIC オーデリック製 防滴型蛍光灯器具KM2011GLPが11台設置されています。
このようなリニューアルの場合、一番のポイントは器具を取り外した際に出る【器具跡】です。新しい器具の寸法が小さいと【器具跡】が見えてしまいます。同じか若干大きめのものを選ぶのがポイントです。
ODELIC オーデリック製で同じ寸法のものがありましたのでこちらをご提案させていただきました。光源はLEDですので面倒なランプ交換の必要がありません。ご検討のほどよろしくお願いします。

2018年02月19日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

日頃からお世話になっているオーナー様からのご依頼で埼玉県川口市にあるワンルームマンションへ、照明器具・配線器具等電気設備交換の現地調査にお伺いしました。
居室内にはこのような蛍光灯使用のブラケットライトが設置されています。壁紙は全て張り替える予定なのでコンパクトなLED製ブラケットをご提案させていただきました。

弊社ではテナントさん退去後の電気設備更新のお手伝いをさせていただきますので是非一度お問合せください。良い設備は物件の価値を高め、ひいては空家対策にもつながります。

2018年01月31日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

日頃からお世話になっているマンションオーナー様からのご依頼で、川崎市内にあるワンルームマンションの現地調査にお伺いしました。
10年以上の長期入居者さんが退去されたそうです。照明器具・配線器具・換気扇・分電盤・インターホン・IHクッキングヒーター等、最新の電気設備に更新する見積を提出させていただきました。
設備の差別化は物件の価値を高め、ひいては空き家対策にもつながります。