てるくにでんきの毎日は照明器具の毎日

オフィスビルシステム天井LED化の現地調査にお伺いしました(東京都港区のビルオーナー様より)

2020年06月19日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

東京都港区内のビルオーナー様からのご依頼で、システム天井に組み込まれた蛍光灯照明器具をLED化すべく現地調査にお伺いしました。

今回空きが出たフロアは約100坪、FHF蛍光ランプ32ワット×2灯用埋込型照明器具を42台使用しています。システム天井は通常の埋込型照明器具と異なり、同一ライン上に照明器具の他、火災報知器や空調吹出口が設備されています。照明器具単体での交換は難しいためメーカーさんに同行を依頼、リニューアル用照明器具をオーダーメイドする方向で寸法等詳細を調査しました。

大手企業では進んでいる蛍光灯照明器具のLED化ですが、中小オフィスビルLED化率はまだ約20パーセント程度と言われています。使用台数も多いため、イニシャルコスト面で導入を伸ばさざるを得ないオーナー様もいらっしゃると思います。この先10年・20年と使用するLED照明について、お悩みでしたら是非一度ご相談下さい。現地調査から施工工事まで責任を持って対応させていただきます。
良質な設備は物件の価値を高め、ひいては空き家対策につながります。

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です