てるくにでんきの毎日は照明器具の毎日

【工事編】16年前の蛍光灯シャンデリアをLED製の明るいものに交換したい(東京都練馬区のお客様より)

2022年05月10日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

4月25日報告済。東京都練馬区のお客様から正式にご注文をいただき、ODELIC オーデリック製リビングの蛍光灯シャンデリアOC005201を、同じくオーデリックのLEDシーリングライト~12畳用 OL291345WRに交換する工事にお伺いしました。
AFTER
BEFORE

高齢のご両親向けの照明とは?

お客様は高齢のご両親とお住いです。「一日の大半を過ごすリビングスペースを明るくしてあげたい・・・」とのご相談をいただきました。高齢者向けの照明器具選定の際の注意点は以下の通りです。
●規定の照明基準よりワンランク明るいものを選ぶ(10畳のお部屋であれば12畳用)
●演色性の良いものを選ぶ(色の見え方が忠実なもの Ra値が高い)
●眩しさを感じにくい光色のものを選ぶ(白色系は避ける 温白色がおすすめ)

以上の条件を全て満たした照明器具がODELIC オーデリック製 温白色LEDシーリングライトOL251816WRです。温白色はここ1~2年注目を集めている光色。「電球色より白く、昼白色より程よくあたたかい」のが特徴、目にやさしい色合いは眼科の先生方にもお墨付きをいただいています。
弊社ではご高齢者世帯の古くなった蛍光灯照明器具のLED化交換工事を推奨しています。電気代の節約はもちろん、危険なランプ交換の手間も省けます。またなによりも良質な光環境が手に入ることがメリットです。ご家庭内でのつまずきや転倒による事故防止のためにも是非一度ご検討ください。

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です