2019年01月10日

こんにちは、てるくにでんきの堂園秀隆です。
本日はご近所のお客様のお宅で照明器具の交換工事を行ってきました。既存の蛍光灯タイプの棚下灯が壊れて点灯しなくなったので交換して欲しいとのご要望でした。

さっそく伺うと既存の器具は下記の通りでした。カバーを外してランプも取り外してある状態でした。

まず、器具を取り外します。
外しますとこのように器具跡とビス穴が見えます。
器具交換の際のアドバイスですが、出来ましたら同じ寸法のものを選ばれるとこうした器具跡が見えなくなるのでおすすめです。

今回のお客様は寸法を測っていらっしゃったようで、ほぼ同サイズの器具を選んで頂いておりました。取り付けするとほぼ器具跡やビス跡が見えなくなりました。

黄色い点々がLEDのチップです。今のLED器具はこのチップ自体が発光するようになっています。カバーを付けない状態だと各々の点(LEDチップ)が点灯してまばらに見えてしまいます。

そこで専用のカバーを取り付けることでこの点灯ムラを緩和して器具全体が光るように工夫がなされています。今のLED照明器具の性能は、このカバーの拡散性によるものが大きなポイントを占めています。

今回設置させて頂いたLED棚下灯はオーデリック(ODELIC)の製品です。照明専門メーカーとしては老舗です。安心してお使い頂けるメーカーです。点灯後はお客様にとても明るいとお喜び頂きました。


棚下灯はご覧の通りひもスイッチが付いているのが一般的です。
つまり、頻繁に点灯と消灯を繰り返す作業灯として使用される事を意味します。見た目は地味ですが、割と重労働を課せられた照明器具なんです。点灯・消灯の回数が多ければ多いほど経年劣化が進み故障のリスクが高まります。だからこそ、安心したメーカーの商品がオススメです。また、蛍光灯よりも高い反応は、これからの作業意欲を高めてくれるでしょう。やっぱり紐を引っ張ったら即点灯して欲しいですよね。その点、LED棚下灯は即点灯します。また、作業効率の面から見ても手元をしっかりと照らす基本性能が高い商品がオススメです。

以上の事から、このオーデリック(ODELIC)の棚下灯はオススメでします。2019年1月10日現在ですが、在庫商品として確保しております。

2019年01月07日

新年あけましておめでとうございます!

てるくにでんきは2019年1月7日より仕事始めです。

ことしもショールームで地元の練馬区、板橋区、和光市の皆様の照明器具や電気に関するご相談をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

2018年09月25日

練馬区のお客様がスマホで「傾斜吹抜け天井」「照明器具」と検索したらてるくにでんきの照明器具の実例集が1ページ目に出てきたそうです

この社長ブログでも最近盛んに書いておりますが、練馬区のお客様からの「照明器具」「配線器具」に関するお問合せが良い感じで増えています。Googleの位置情報を加味した検索結果が、いい形で弊社のブログやWEBを表示してくれている結果だと分析しています。

練馬区のお客様で照明器具や配線器具に関するお困り事のご相談は今後も増えると思います。こうしたご相談に対して、ご期待に添えるよう頑張りたいと思います。

今回のお客様もとてもお近くの方でした。同じ練馬区で車で15分の距離です。当日、現場調査をさせて頂き、可能ならばその日のうちに設置工事をさせて頂く事でご了承頂き伺うことにしました。

天井の高さは4mくらいあるのですが大丈夫でしょうか?

お客様からのご相談内容に天井の高さが4mくらい・・・という心配事が含まれていました。3.6mまでなら室内に搬入搬出出来る脚立で対応可能ですが、4mとなると場合によっては簡易的な足場を組まないと対応できない場合もあります。

今回は脚立を持って伺い、もしその場で設置できれば問題なし。もし出来ない場合は、足場などの対応を考えることにしました。が、経験上、注文住宅ではない新築一戸建ての2階の傾斜吹抜け天井なら4m以上の物件はあまり見たことがないので、脚立で対応可能だろうと予測していました。

結果、自分の予測が当たり、おおよそ3.4mくらいの高さに配線器具が設置されていました。今、都内の一戸建て住宅では、空間を広く見せるためにこうした吹抜け傾斜天井をリビングや寝室に採用するパターンが増えています。

この高さだと、まず一般の方では照明器具を設置するにはハードルが高いと思います。高さのある脚立を用意しなくてはならないですし、その脚立の収納場所も確保しなくてはなりません。やはり、我々のようなプロの業者にお任せ頂くのが一番カンタンで費用も掛からない安心安全な方法だと思います。

吹抜け傾斜天井に最適なシンプルなデザインで調光調色が出来るペンダントライトを選んで設置しました

8畳の寝室だったのですが、今、吹抜け傾斜天井に一番最適なシンプルなデザインで調光調色がお手元のリモコンで操作できるオーデリックのペンダントライトを選択して設置させて頂きました。

リラックスした雰囲気を演出する電球色、何か作業(読み書き)をする時は昼白色を選ぶことが出来ます。そして明るめや暗めなどの調光機能も付いています。お客様にはご満足いただきました。

2018年09月01日

Googleがスマホで検索すると位置情報を紐づけて検索結果を出すようになったため、練馬区で照明器具や配線器具など電気のお困りごとを検索すると、照国電機(てるくにでんき)のホームページが上位に表示される事が多くなってきたようだ。

ここのところ、ありがたいことに地元練馬区のお客様からのお問い合わせが多いことは以前もここで書いたと思いますが、さらに増えてきた事を実感しております。

先日は、練馬区で外壁塗装工事をしているお客様から、LINE@を通して既存の照明器具を交換したいとのお問い合わせを頂きました。もう塗装工事が始まるというので、慌ててお客様のところへ伺って打合せをさせて頂きました。

その場でお客様と打合せて受注はほぼ決定。とにかく塗装工事が本格的に始まる前に照明器具を取り外すことが最優先となりました。

塗装が始まると、設置した器具裏は塗装が出来ないため、照明器具を新しく交換すると塗装していない部分が露出してしまいます。ということで、とにかく既存の照明器具を取り外すことが最優先。こんな時でも、同じ練馬区なら車で行けば数十分の距離。細やかな打合せや対応が素早く可能です。

追加で玄関のスイッチの具合がよろしくないので、新しくスイッチを交換する工事も承りました。同じ地元の練馬区に会社があるということで、とても安心感を持って頂きました。

今後、このGoogleの位置情報を加味した検索は加速していくと思います。練馬区で照明器具や配線器具のお困りごとについては地域一番店になれるよう頑張りたいと思います。

先日、SEO勉強会で学んだ「サイテーション」というキーワードの重要性を実感しています。お客様が何を求めているのか?特に自社サイトには何を期待して検索してくださっているのかを意識してサイト運営をすべきだと痛感しました。

練馬区で検索して下さるお客様に対しては、照明器具や配線器具のお困りごとを相談できる事、そしてその解決手段を持っていることが重要なんだと思います。実際にお会いして、お話を伺って、どうして検索したかをお聞きする事が出来て、このあたりはまず間違いないと実感しています。

2018年08月08日

てるくにでんき事務所でゆっくりと照明や電気工事に関するご相談を承る事が出来るスペースを作りました

以前からご要望頂いてた照明に関するご相談、電気工事に関するご相談を直接承れるスペースを作りました。直接お会いして、お客様のお持ちになったお写真や図面などを拝見しながら、ゆっくりとご相談いただけます。

配線ダクトレール(ライティングレール)と観葉植物を組合せたミニショール無です。ペンダントやスポットライトを組合せた楽しい照明システムをご覧頂けます。

この夏から販売予定の台湾のデザインチーム・キムデザインの和洋折衷の吊り下げ照明”The New Old Light”を展示しております。メタリックなセードと和紙の融合。先進的でいてどこかノスタルジックなデザイン。実物は写真よりももっと素敵です。

これも実物を観たいとご要望の多かったアカネライティングのオリジナルシャンデリア。本場ヨーロッパから取り寄せたパーツを日本の専門向上で組み立てた繊細で室の高いシャンデリアです。もう、大手のメーカーがあまり作らなくなったクラシカルなデザインが、入手できなくなったからこそ人気が出てきました。こちらも直接ご覧いただけます。

お茶でも飲みながら、ゆっくりとご相談を承れます。
予約制ですので、お電話で直接ご希望の日時をお知らせください。
お待ちしております。平日の9時~19時が対応可能な営業時間です。

フリーダイヤル 090-5344-8850

〒179-0071 東京都練馬区旭町2-35-10 YMビル1階
照国電機株式会社
03-5383-3276