2017年02月10日

ここ最近、LINE@サービスを導入したおかげでお客様との距離がずいぶんと縮まりました。現場での会話はもちろんですが、LINE上で気軽にお客様と会話が出来るようになりました。

その会話の中にはとてつもないヒントやキーワードが潜んでいます。今も商品開発を行っているオリジナル商品はまさにお客様との会話の中で産まれました。今から新発売の時が楽しみでなりません。

さて、話をテーマに戻します。
電気をずらす、照明をズラす、です。
去年、世田谷区で配線ダクトレールを設置させて頂いた現場でこのとても大きなキーワードが発覚しました。

こちらのお客様の検索キーワードをお聞きしてびっくりしました。

電気をずらす

照明をズラす



(確かにこのようにダイニングテーブルに合わせて吊り下げ位置をズラしています。ずらしています。)

このキーワードを使ってあちこち検索した結果、ようやく弊社の実例集まで辿りつかれたそうです。確かに配線ダクトレールを使うことによって、照明器具の・・・例えばペンダントライトなどは吊り下げ位置をずらす事が出来ます。でも、我々プロは位置を変更と表現しますが、ずらす、ズラすは・・・思いもつきませんでした。

照明器具の位置は確かに住まわれる方によって千差万別といえます。住んでみて、初めて今の照明器具の位置では自分の生活空間の動線に合わないと発覚する。考えてみるとコンセントも同じことが言えます。だから、タコ足配線になったりするわけです。今、照明以外でもコンセントをズラす、ずらす商品がパナソニックから発売されています。

高機能配線ダクト プラスコンシステム (ライティングダクト固定Ⅱ型)

こちらの商品も人気が出てきています。
今、我々には、電気をずらす、照明をズラす、コンセントをずらす、電源をズラす、こうした事が求められているのだと実感しました。

2017年02月03日

下記の写真は2017年1月、世田谷の新築一戸建ての現場で撮影したものです。
弊社のLINE@サービスからご相談頂き、直接事務所までお越し頂いたお客様のお部屋です。最終的には私自身が現場に出向いて現場調査をして、このペンダントライトと配線ダクトレール用のLEDスポットライトをお選びしました。

吹き抜け傾斜天井ってとても贅沢な空間ですよね。
照明器具を手掛けるものにとって、心が浮き立つ空間です。

照明にとって何が贅沢か?

それは何も無い空間、何もない天井、何もない壁です。

そこにどんな光を描くか、影を演出するか、贅沢に使えるからです。
今回の吹き抜け傾斜天井のお部屋はさらに楽しい仕掛けがありました。高所に日の光を取り込む窓が付いていて、その光が傾斜天井と壁を照らし出す時間があるのです。

ここへ空中にぽっかりと浮かぶ雲のようなイメージの楕円形のペンダントライトを吊り下げました。何も無い空間に漂う白い楕円。

その脇には傾斜天井を照射して優しい間接光を生み出すLEDスポットライトを配置しました。夕日と電球色LEDスポットライトが天井や壁面を照射してやさしい間接光を産み出し、様々な陰影を作り奥行きを演出します。

主役のペンダントライトには面白い機能を持たせました。
付属のリモコンで調光操作が出来るのはもちろんですが、調光機能を持ったペンダントを選びました。あたたかみのある電球色からクールな印象の昼白色まで光色を自由自在に変化させることが出来ます。

ご家族が一番集う時間が長いダイニングルーム。
楽しいひと時を過ごすダイニングテーブル。

吹き抜け傾斜天井のダイニングには、今一番おすすめなのがこのオーデリックのペンダントライトです。

傾斜天井対応 調光・調色タイプ コード吊ペンダント [LED][~8畳] OP252429

夕日、電球色LEDスポットライト、電球色ペンダントライトが織り成す様々な間接光と陰影。ずっと眺めていても飽きません。

日の光が高いときはあえてクールな印象の昼白色に変化させてみるのも面白いですね。
壁面に設置した配線ダクトレール(ライティングレール)には危険防止の為にダクトレール用のカバーを取り付けました。見た目もすっきりした印象になりオシャレですね。

ダイニングテーブルはどんなデザインが似合うかな?
ペンダントに合わせて丸?それとも窓の形とその陰影の形に合わせてスクエア?色々と想像が膨らみますね。家具選びが楽しくなってきました。

夕日が差し込む時間はやっぱり優しい電球色のペンダントライトが似合いますね。

リモコンで調光操作をした動画です。
高性能タイプのLED照明器具だから味わえる贅沢な機能。
あたたかみのある電球色やクールな印象の昼白色まで付属のリモコンで自由自在に光の調節が楽しめます。宙に浮かんだ楕円の灯具の色が変化するのをご覧下さい。