2016年12月28日

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。
日報ブログでも書いたのですが、現在本格的なオリジナル新商品の開発を行っています。きっかけはLINE@でご相談を承ったK様からのヒントがきっかけです。

LINE@でご相談を承るお客様の特徴はとにかくインテリアにご自身のこだわりのある方です。自分がイメージするインテリアや空間を実現させるために時間やコストを使うことを厭わない方が多いです。

K様もそんな中のお一人なのですが、弊社のラインナップにはない商品のご要望を頂きました。あいにく、今回の工事ではK様のご要望にお応えする事が出来なかったのですが、その商品の事を頭に巡らせている時にビビッときました。

これ、うちで作れるんじゃないかと。

そして、ふと自分のデスクの左側にあるタスクライトを見てひらめきました。今はここまでしかお話できませんが、来年の早い時期には商品化して発売したいと考えています。この商品、誰よりも自分が欲しいと思っています。今から楽しみです。

2016年12月23日

「てるくにでんき」のホームページは1996年6月にオープンしましたが、当初は照明器具専門という感じではなかったです。あれこれ考える事があり2ヵ月後にリニューアルして「照明器具の専門店 てるくにでんき」としてオープンしました。

ホームページを開設する前は、マンションや一戸建て住宅の現場に出て照明器具の設置を手伝う作業を良くしていました。その当時良く工事をしたのがダイニングルームでした。何故かと言うと、ダイニングテーブルとダイニングルームの照明器具を取り付ける天井の配線器具の位置がズレていたからです。

配線設計をする業者側の人間と実際に住まわれる方とでは意識、感覚が違って当然です。ましてや、家具などは住まわれる方が100人いれば100通りです。照明の位置とダイニングテーブルの位置がズレて当然です。

照明器具の実例集にも掲載していますが、下記のようにペンダントサポーターや配線ダクトレールを使ってダイニングテーブルの中央にペンダントを吊り下げ出来るように施行をしました。

神奈川県川崎市にお住まいのT様宅 ダイニングスペース(2009年10月08日)

神奈川県川崎市にお住まいのU様宅 リビングダイニングスペース(2011年1月19日)

実はこの時の経験が照明器具の専門店をインターネットでやってみようと思った原点です。どこにでも売っているメーカーの商品でも、お客様のお困りごとやご相談を承って施行する事でオリジナルの商品やサービスに変化すると気付いていたのです。

あれから20年経った今でもこの事は変わりません。お客様のお困りごとやご相談に対応する事こそが、てるくにでんきの一番のオリジナル商品だと思っています。

今日もお電話やメール、そしてLINE@を通して全国のお客様からご相談を承っています。自分たちが必要とされる事に感謝しながら毎日仕事をしております。