2015年01月19日

Artemide アルテミデ TOLOMEO トロメオ SOSPENSIONE 直付ペンダントライト F-139S

台東区蔵前にある革製品ショップm+(エムピウ)様の工房にArtemide アルテミデ TOLOMEO トロメオ 直付ペンダントライトを設置させていただきました。イタリアの照明器具メーカーArtemide アルテミデ社、巨匠Michele De Lucchi ミケーレ・デ・ルッキ氏デザインのTOLOMEO トロメオシリーズはシンプルなデザインが特徴。アルミの素材感は自己主張し過ぎないので工房内に自然に溶け込みます。
F-139S
m+(エムピウ)さんは数年前店舗部分の照明器具工事の仕事をさせていただいた事があります。今回は工房作業台用タスクライトとしてF-139Sを設置したいとのご要望でしたが、まずはじめに「電源をどこからとるか」という問題に直面しました。天井付の器具のためスタンドのようにコンセントプラグコードを使うわけにはいきません。また器具にスイッチが無いのでON/OFF機能を持たせることも必要となります。そこで大家さんに許可をいただき天井面に穴を開け、既存の照明器具から電源をもらい、パナソニック社製埋込型光線式ワイヤレススイッチWS74019で制御する方法をとりました。(器具フレンジ右側の目立たない場所に設置)
WS74019
F-139Sは独自のワイヤー可動機能により灯具の移動がとてもスムーズ。少ない力で軽く動きその位置をキープします。アームは天井から下に約1.5メートル、左右に直径3メートルの可動範囲がありますから様々な大きさや形の素材加工にもフレキシブルに対応できます。
F-139S1
今回はオーナーデザイナーの村上さんのご好意により店名をご紹介させていただきました。前回訪問時に比べてスケールアップした店内を見てとても嬉しい気分になった事は言うまでもありません。村上さんありがとうございました。

2015年01月11日

コイズミ照明 E.L.H コード吊ペンダントAPE510203×2台
配線ダクトレール工事 1式

品川区にお住まいのK様宅ダイニングスペースに直付配線ダクトレールを設置、コイズミ照明のE.L.HペンダントAPE510203を2台取付させていただきました(こちらのペンダントは既に販売を終了しておりますので御了承下さい)。
APE510203S

新築のK様宅天井にはこのような丸型フル引掛シーリングという配線器具が付いていました。
WG5005W1

この配線器具は木造住宅用で最もポピュラーな物で、俗に言う【ワンタッチ取付方式】【引掛式】の照明器具用になります。「この部品が付いているから電気工事が必要な照明器具は取付できない・・・」と無難な照明器具で妥協している方はいらっしゃいませんか?
この部品を取り外す事で要電気工事の照明器具や今回のK様宅のような直付配線ダクトレールが取付可能になります(もちろん電気工事の資格が必要です)。

食卓の真上にペンダントライトを2~3灯吊り下げたい・・・
簡易取付式ダクトレールだと少し位置が合わない・・・
天井面をすっきりさせたい・・・

そんな時は直付配線ダクトレール工事がおススメです。現在の配線器具の位置から任意の方向に直線・L字・T字はたまた+字等々設置が可能、カット加工ができますので長さも自由自在。K様宅は壁面に向けて約1.3メートル、直線でレイアウトしました。レールの余った部分にはスポットライトを付けて壁面や絵画を照らす事もできます。ご家族が毎日集うダイニングを明るく華やかに演出します。

配線ダクトレール工事ご希望でしたら一度お問い合わせ下さい。経験豊富なスタッフが対応させていただきます。