東京都港区にお住まいのO様 リビングの梁(はり)付近に間接照明LEDスポットライトと専用の配線ダクトレール(ライティングレール)を後付隠蔽(いんぺい)配線で設置いたしました [OA076391] [LD0212W1] [LD0232W1] [OS256034] [RC601W] [WN8090W]

オーデリック ライティングダクトレール リモコン式フィードインキャップ オフホワイト OA076391

オーデリック ライティングダクトレール 本体 2m オフホワイト LD0212W1

オーデリック ライティングダクトレール エンドキャップ オフホワイト LD0232W1

オーデリック 非調光 60Wクラス プラグタイプ スポットライト [LED電球色][マットホワイト] OS256034

 オーデリック システムライトリモコン RC601W

パナソニック フルカラー配線器具 簡易耐火用モダンカバープレート (丸型大)(ミルキーホワイト) WN8090W

東京都港区にお住まいのO様 リビングの梁(はり)付近に間接照明LEDスポットライトと専用の配線ダクトレール(ライティングレール)を後付隠蔽(いんぺい)配線で設置いたしました。

O様は弊社のLINE@サービスからご相談を頂いたお客様です。実は以前にも配線ダクトレールの工事の依頼を頂き弊社で施工させて頂いたいきさつがあり、今回も工事のご相談を頂戴した次第です。

ご希望はリビングとダイニングの中間に梁がありその部分だけ手暗がりになるため、その梁を照射して間接光を作り出し、手暗がりを解消したいとの事でした。普通はこうした間接照明に関するご提案を業者側である我々がするのが一般的なのですが、O様はすでに配線ダクトレールをダイニングに設置されていたため、こうした使い方にご理解があったようです。

ご覧のように梁とその天井付近を照らす事で間接光が生み出され柔らかな光がその付近を照らし出すようになりました。配線ダクトレールはオーデリック製品を選びました。直付配線ダクトレールでリモコン対応のフィードインがあるのはオーデリックだけだったからです。

グレア(光源)が直接目に入りにくいフラットタイプのスポットライトを選びました。まるで梁が照明器具の役割を果たしているかのような仕上がりになりました。

このリモコンで配線ダクトレール(ライテイングレール)上のスポットライトをON/OFF操作します。今回はON/OFFタイプのLEDスポットライトを選びましたが、調光タイプのスポットライトを組み合わせれば、このリモコンで調光操作も可能となります。

今回の工事で一番のポイントはここです。リビング中央にある電源(ローゼット)から分岐して天井裏に新規に配線ダクトレール用の配線をしなくてはなりません。左側に見える配線ダクトレールは前回の工事で弊社が施工させて頂きました。こちらも天井裏を隠蔽(いんぺい)配線しています。隠蔽配線とは読んで字のごとく、見えないように配線処理をする事です。

今回はローゼットの穴だけでは配線を通すことが出来なかったため、ローゼットを外して大きめのカバープレートを取り付けることにしました。こうする事で従来のローゼットの穴よりも若干(直径で15mm程度)穴を切り広げる事が出来ました。

この切り広げた穴からようやく新しい配線ダクトレールのフィードイン部分まで天井裏に隠蔽配線をする事が出来ました。O様には工事をする事前に、配線が直接届かない場合は、天井の途中にカバープレートで隠れる程度の穴(100mm程度)を開けさせて頂く許可は得ておりましたが、弊社の技術でなんとか対応することが出来ました。

この新規の隠蔽配線に対応する電気工事店はなかなか少ないのではないかと思います。ある程度条件が揃っていなければ難しいのですが、事前の調査をさせて頂けばある程度可能かどうかは判明します。

ご希望の方は弊社までご相談ください。

「東京都港区にお住まいのO様 リビングの梁(はり)付近に間接照明LEDスポットライトと専用の配線ダクトレール(ライティングレール)を後付隠蔽(いんぺい)配線で設置いたしました」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です