2019年07月09日

こんにちは!お問合せ担当の神尾です。

本日のお客様のご要望

東京都板橋区内マンション管理組合の理事を務めております。先日清掃の際、非常用照明器具のガラスカバーが破損してしまいました。ガラスカバーのみ取寄せできればいいのですが、とても古い器具ですのでこれを機に交換も視野に入れてます。既存器具は東芝電材株式会社製 FEC-2101-100 昭和59年製造、直径29センチです。工事費を含めたご提案をお願いします。

ご要望に対する対応

お問い合わせありがとうございます。東芝製でFEC-2101-100を調べてみましたが該当品番を検索することができませんでした。パナソニック社 LED製非常用照明器具NWCF11100LE1+リニューアルプレートFK11000にてお見積もりさせていただきます。

2018年11月27日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

10月29日報告済。東京都板橋区の賃貸マンションオーナー様から正式にご注文をいただき、共用部の非常用照明器具をパナソニックLED製 NNFB90605Jに交換しました。
BEFORE
AFTER
非常用照明は建築基準法で規定され、停電の際に真っ暗にならない事が設置の目的です。非難や救助のため30分間点灯することが求められます。内蔵のバッテリーで点灯する仕組みですが、このバッテリーの消耗により今回不点灯が指摘されたそうです。
器具交換の目安は8~10年、耐用限度は12年といわれています。従来のハロゲン球を使用したタイプと比較すると大幅な電力削減につながるLEDタイプ、大がかりな工事を必要としない簡単リニューアル対応型です。

良質な設備は物件の価値を高め、ひいては空き家対策にもつながります。

2018年07月05日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

6月18日報告済み。東京都大田区内にある分譲マンションの管理組合様よりのご依頼で、マンションエントランスに設置されている非常用照明器具を3台パナソニックLED製NNFB91605Jに交換させていただきました。
AFTER
BEFORE

交換前は2000年製松下電工製LB90634が設置されていました。検査にてバッテリー切れが発覚、管理会社さんとの見積り合わせとなりましたが無事にご注文をいただくことができました。

現地調査は基本的に無料で行っています。点灯不良の照明器具交換工事は、敏速且つ丁寧な弊社にお任せください。豊富な工事実績の中から類似ケースをご紹介します。共用部照明器具交換でお悩みの理事様、是非一度お問い合わせください。

2018年06月13日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

6月6日報告済。東京都渋谷区のテナントビルオーナー様から正式にご注文をいただき非常用照明器具を6台、パナソニック LED製 NWCF11100LE1に交換させていただきました。
AFTER
BEFORE

このような交換工事の際の留意点は、既存器具を取り外した際に出る器具跡です。特に本件のようにペンキ塗装が施されている場合、既存器具より大きめのものを選ぶ事が必須となります。

しかしLED化に伴い照明器具の寸法は小型化が進んでいるのが現状です。そこでパナソニック社は非常用照明器具用のリニューアルプレートを開発、気持ちのいい位ぴったりと器具跡を隠す事ができます。
蛍光灯を使用した非常用照明器具の不点灯が出たらLED製への交換をおすすめします。パナソニック製1990年度前後発売のFW21551GLなどはNWCF11100LE1+FK11100が最適です。

関東近縁でしたら交換工事も承りますので是非一度お問い合わせください。器具跡が出ないので塗装工事の手配も不要!ローコストで最新の設備に更新ができます。

2018年06月06日

こんにちは!お問い合わせ担当の神尾です。

本日のお客様のご要望

東京都渋谷区にてテナントビルを所有しております。非常階段の照明器具に点灯不良が生じており交換を検討中です。照明器具と交換工事を含めたご提案をお願いします。

ご質問に対する回答

お問い合わせありがとうございます。既設のパナソニック製非常用照明器具FW21551GLは直径320ミリです。
直径330ミリのリニューアルプレートFK11000と非常用照明器具NWCF11100LE1を組み合わせてのご使用が理想的です。御見積りお送りしますのでご検討のほどよろしくお願いします。