2018年02月08日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の現地調査

10年ほど前にダクトレール工事をさせていただいた、東京都葛飾区内のカーメンテナンスショップ様にお伺いしました。ビーム球を使用したスポットライトをLEDに変えたいとのご要望です。
車のキズや凹みがよく見えるよう、指向性の強いビーム球(白熱灯)スポットライトを16台使用中ですが大手メーカーさんが生産を中止。電気代も気になるのでこれを機にLED化を検討中です。

ODELIC製 JDR75ワット相当のプロ仕様スポットライトXS256063を1台サンプルとして設置。数日間比較検討していただくことになりました。

 

 

2017年08月28日

こんにちは!照明器具の実例集担当の神尾です。

神奈川県横浜市にお住まいのK様宅リビングスペースの梁下に配線ダクトレールを3メートル隠蔽配線で設置した記事を、お客様実例集にアップしました。
ローゼットから天井裏を這わせ、更に梁を貫通させる難易度の高い配線技術。お客様と職人さんの熱い思いが工事を成功に導きました。詳しくは画像をクリックしてください。

 

2017年07月07日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

9月中旬新規オープン予定の店舗さんへダクトレール工事の現地調査にお伺いしました。新築のこちらの物件は天井に照明関連の配線は一切されていない状態です。 ●分電盤からダクトレール設置希望場所までの配線(3本)
●ダクトレール用スイッチの設置(2箇所)
●コンセントの増設(3箇所)
この内容で御見積を提出させていただきました。8月1日から床張りと壁・天井の塗装をお客様ご自身で開始、9月中旬のオープン予定だそうです。理想的な店舗作りのために全力でお手伝いさせていただきます!

2017年02月08日

ホワイトの定義がいろいろ

こんにちわ!受注担当の堂園あさこです!
スイッチやコンセントのプレート。だいたい一般的にはアイボリーっぽい感じが多いと思うのですが、メーカーによってはそれをオフホワイトと言ったりしますし、この日報でもたびたび話題になる「ダクトレール」なども、アイボリーだったりオフホワイトだったりと、でも塗装などの関係で視覚的にはなんとなくグレーに見える、ということもあって、この「ホワイト」っていう定義は実に難しいんですね。

お客様の中には「純白」をイメージする場合もあれば、「クリーム色」をイメージする場合もありますし、すでにお使いの配線器具やスポットライトなどと色合いをあわせたい、という場合はかなりの難易度になるわけです。

現在は純白ブーム

しかしながら、現在は純白が好まれる方が多く「純白」にこだわったお客様が多い傾向にあるようです。

オーデリックというメーカーでは、「ホワイトギア」と純白に近いマットホワイト色にこだわったシリーズを出しています。

ODELIC OS256436

同じく、従来のアイボリーというダクトレールではなくオフホワイトというタイプのダクトレールも出ています。

色の見え方、感じ方は本当に難しいですね。またそれを伝えるのも難しいです。
色々比較して、ご提案できるようにしていきたいと思います。

2017年02月04日

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。

本日のお客様のご要望

東京都港区にお住まいのO様から弊社のLINE@経由でご相談を頂きました。

  • 新規に直付配線ダクトレールを設置したい。
  • 配線は隠蔽(いんぺい)でしてほしい。

ご要望に対する対応

LENE@のでご相談を承った後に、今回は隠蔽配線という難しい作業が伴うため、現場調査をさせて頂く事になりました。本日の工事の前に現場に伺って調査した結果、ある条件がありますが出来るだろうと言う結論に至りました。

工事内容は照明器具の実例集に掲載しております。