2017年03月02日

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。

今日の店内引き継ぎと協議

本日は東京都目黒区にあるマンションへ配線ダクトレールの交換工事に伺いましたが、残念ながら調査不足でお持ちした配線ダクトレールの長さが足りないことが判明し、工事を完了させることが出来ませんでした。

ただ、お客様からはお風呂の照明器具を調光操作したいとのご希望を頂いており、その調査をする予定ではおりましたので、まるっきり今日の出張は意味が無かったという事にはならずに済みました。お風呂の照明器具は調査した結果、蛍光灯のダウンライトという事が判明したため、器具を調光対応のLEDダウンライトに交換し、配線器具もLED用調光器に交換するお見積を作成して提出することになりました。


午後からは新規取引先となるNKKスイッチズ株式会社製品の取扱代理店担当者と打合せを行いました。

2016年11月14日

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。

本日の現場調査

昨日の日曜日に千葉県の南柏にある一戸建て住宅の現場調査に行ったのですが、その内容をまとめて見積を作成しました。

お客様の依頼は電気代がとても高いので、一度自宅内の照明器具を見てLED照明に交換する見積を作成して欲しいという内容でした。

実は今回のお客様は大学の後輩(女性)で、親子三人で注文住宅の一戸建てに住んでいらっしゃいます。月額の電気代が15,000円を超えるというので標準よりも2割くらい高いかなという印象を持ちました。

自宅内を拝見してスグに分かりました。
リビングは吹き抜け天井になっていて、蛍光灯のシーリングライトなどいわゆる主照明を置かず、壁面にダクトレールを設置して白熱灯のスポットライトを多灯していまいした。その他にも白熱灯系のダウンライトやブラケットが設置されていいました。室内の白熱灯系の照明器具を全部合計したら1500W近い電力である事が判明しました。

さすがにすべての白熱灯を点灯させる事はないでしょうが、それでも一般の一戸建てに比べたら白熱灯の占める割合はかなりのものだと言えます。

相談した結果、すべての白熱灯をLEDにするのではなく、日常でよく使う部分だけをLED照明化する事にしました。

キッチンベースライト1台、配線ダクトレール用スポットライト9台、ダウンライト4台、シーリングライト3台、ペンダントの電球をLED化する事になりました。

工事費込みで14万4千円(税込)になり、無事に正式注文となりました。

2016年11月11日

選択が難しいダウンライト

こんにちわ!受注担当の堂園(どうぞの)亜佐子です!
LED電球がほぼ主流になりつつある照明器具ですが、LED一体型と電球取り付けタイプとダウンライトには大きくわけると2種類になります。

一体型というのは、LEDの電球にあたる部分をユニットと言ったりする箇所がありますが、それが最初からダウンライトに内臓されているものをLED一体型と言います。たとえば

od261366p1_1

対して電球取り付けタイプというのは、LED電球をクルクルっと差し込むタイプのもの。

od301071ld_1

どうしても従来からあるものが安心感となる

LED一体型はどうしても電球を交換できないというところに不安を覚えてしまい、従来からある電球差込タイプを選びたいという心理になってしまいます。もちろん電球が仮に不良で早く切れたとしても電球だけ交換すればいい、という手軽さがあるのは事実。一体型だと本体ごと交換なので、工事が絡んでしまうのが億劫だし心配です。

でもLEDユニットでも交換できるものはあります

lgb73302le1_1

上記は60W相当ですが、100W相当のLEDユニットにも交換可能なので、60W相当でも明るさが不足と感じた場合には交換できるので安心感があります。

ご参考になさってください!

2016年11月02日

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。

本日のお客様のご要望

Facebookのメッセンジャー経由でご自宅のフルリフォームに関する照明器具のご相談を頂いたお客様と新宿で打ち合わせを行ってきました。主なお悩みは照明器具の選定と配置に関してのご相談でした。

ご要望に対する対応

新宿三丁目で待ち合わせをして、お店に入って図面を拝見しながらアドバイスを差し上げたのですが、驚くべき点がありました。今回のリフォームはご友人の業者さんに内装や図面作成をお任せしているそうなのですが、電気工事に関しては業者並みの作業をすべてご自身で担当されているそうです。

もちろん、第二種電気工事士の資格はお持ちです。でも、普段は電気工事とは全く違うお仕事をされている方です。何でもモノづくりが大好きで、それが高じて今回のリフォームの電気工事はご自身で好きなようにやると決めていたそうです。

完成したら伺って拝見する予定ですが、今からとても楽しみです。来年の春過ぎではないかとの事でした。

2016年10月25日

ダウンライトで火災!?

こんにちわ!受注担当の堂園(どうぞの)亜佐子です!
今日、朝のTV番組でこんなニュースがありました。

過去最高のペースでダウンライトが火災の原因になっているというのです。

最初は器具の不具合かと思いました

ニュースの見出しを見た時に、最初は器具本体に何か不具合があり設置すると自然に発火するのかと思っていました。

でもニュースの映像を見て驚きました。
これは、、、、火災になりますよね、、、。

でも考えてみたら、LED電球というのが誤解を与えてしまっているのではないか?
だから過去最高のペースでダウンライトによる火災が増えているのではないか?

おそらく今までも、ダウンライトによる火災はあったと思うんですね。もちろん近年ダウンライトというのが注目をされはじめ、各部屋で使われる頻度が増えたというのもあると思いますが。LEDだから熱を持たない、という先入観も手伝っているのかな、と思います。

ダウンライトでなくてもこのような使い方は危険です

さらに誤解を受けるなと思うのは、じゃあ、ダウンライトでなければ火災にならないのか?といえば映像のような、照明器具に密着するような収納の仕方をしていればもちろんその可能性はないとは言えません。必ず適正な距離を保ってお使いくださいね。