2019年07月31日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

7月9日報告済み。東京都板橋区内のマンション共用部設置されている非常用照明器具をパナソニック製NWCF11100LE1に交換させていただきました。
AFTER
BEFORE

こちらのマンションは清掃を業者さんに委託しているそうです。その業者さんがランプ交換の際に誤ってガラスカバーを破損させてしまいました。

非常用照明器具は火災発生時に一定時間の点灯が求められます。そのためプラスチックなどの燃えやすい素材は使わずに燃えにくいガラスが使用されます。頑丈で重く取り扱いにくく、今回のような事故も起こりやすいのです。

古い東芝製の器具FEC-2101-100は直径29cm、外すとこのような状態です。
この器具跡を隠すように少し大きめのものを選ぶ必要があります。
そこで別売りのリニューアルプレート(直径33cm)を組み合わせてご提案、ご注文とあいなりました。
てるくにでんきではマンション共用部の照明器具交換工事承ります。
●1台のみでも対応してくれるかしら・・・
●日頃お付き合いのある業者さんが忙しくてなかなか来てくれない・・・
●管理会社さんに見積依頼したらとても高かった・・・

そんなお悩みをお持ちのマンション管理組合長さん・修繕委員さん、是非一度お問合せください。器具は卸価格、工事は事前見積りの定額制です。

2019年07月09日

こんにちは!お問合せ担当の神尾です。

本日のお客様のご要望

東京都板橋区内マンション管理組合の理事を務めております。先日清掃の際、非常用照明器具のガラスカバーが破損してしまいました。ガラスカバーのみ取寄せできればいいのですが、とても古い器具ですのでこれを機に交換も視野に入れてます。既存器具は東芝電材株式会社製 FEC-2101-100 昭和59年製造、直径29センチです。工事費を含めたご提案をお願いします。

ご要望に対する対応

お問い合わせありがとうございます。東芝製でFEC-2101-100を調べてみましたが該当品番を検索することができませんでした。パナソニック社 LED製非常用照明器具NWCF11100LE1+リニューアルプレートFK11000にてお見積もりさせていただきます。

2019年06月28日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

日頃からお世話になっているマンション管理会社様からのご依頼で、埼玉県さいたま市内にある物件の共用部照明器具LED化に向けた現地調査にお伺いしました。

15階建て、総戸数98件のこちらの物件は2011年の竣工、照明器具は蛍光灯電球色で統一されています。特に器具不要や不点灯が出ている訳ではありませんが、月々の電気代やランプ交換の削減等メリットも多いのでLED化が議題に挙がっているようです。

LED化には照明器具ごと交換する方法と、ランプのみを交換する方法があります。それぞれの器具ごとに最適なLED化方式をご提案させていただきます。

2019年04月09日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

日頃からお世話になっている不動産オーナー様からのご依頼で、東京都中野区内賃貸マンション共用部の照明器具交換工事の現地調査にお伺いしました。
完成から25年以上経過した物件のため、廊下の蛍光灯照明器具に破損や不点灯が発生してきています。新宿副都心にも近いのでこれを期に20代から30代若者層向けに修繕を希望されています。先方からの案を【たたき台】に、弊社のご提案を加えた御見積りを提出させていただいきました。

2019年03月05日

こんにちは!工事担当の神尾です。

本日の取付工事

2月14日報告済。東京都板橋区の賃貸マンションオーナー様より正式にご注文をいただき、階段踊り場の蛍光灯ブラケットライトODELIC製 OB071352をコイズミ照明 LED製AB42571Lに交換しました。
AFTER
BEFORE

20年以上使用した器具は不点灯こそ生じてはいませんが、アクリルカバーが変色しておせじにも美しいとは言えない状態でした。
オーナーさんの「普段使わない場所だからこそ清潔感を保ちたい」という理念通り、明るくきれいな内階段になりました。若干残った器具跡は後日塗装工事で補修予定です。
てるくにでんきでは照明器具等電気設備の交換工事を承ります。近縁であれば現地調査はいただきませんので是非一度お声がけください。良質な設備への更新は物件の価値を高め、ひいては空き家対策にもつながります。