2018年10月09日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

東京都板橋区内の歯科医院様より「診療所内の照明器具を交換したい」とのご連絡をいただき、早速現地調査にお伺いしました。
コンパクト蛍光灯FPL36ワット×3灯使用したパナソニック製NF33735ENHが設置されています。1992年製造の器具ですので、修理対応ではなく照明器具ごとLED製への交換が良いと判断。既存器具と同じ埋込穴寸法■450ミリのXL573PFVCRZ9にて御見積りさせていただきました。
てるくにでんきでは病院・クリニック等の照明器具交換工事現地調査を行っております。診療時間前や後の時間も対応可能ですので一度お問合せください。下見→見積→工事までワンストップにて承ります。

2018年09月25日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

東京都渋谷区にある音楽スタジオ様からのご依頼で、蛍光灯照明器具をダクトレールに交換する工事の現地調査にお伺いしました。
ライブ会場として使用する場合もあるそうで、その時は蛍光灯を消灯してクリップライトでステージを照らしているそうです。既存の蛍光灯器具を撤去して赤ラインにダクトレールを4メートル×2本設置、スポットライトTSLBK01にてステージを照射するご提案をさせていただきました。

 

2018年09月03日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日現地調査

東京都目黒区の民泊施設オーナー様より、「区内にある物件に非常用照明器具を設置したい」とご要望をいただき現地調査にお伺いしました。
ホテル、旅館等の多数の人が利用する建築物等について、原則として全ての居室とその非難経路に非常用の照明装置の設置が義務付けられていましたが、平成30年3月29日に非常用照明装置を設置すべき居室基準の見直しがありました。

【改正の概要】
「規制を受けない居室」として、次の居室を加える。
・床面積が30㎡以下の居室で、地上への出口を有するもの。
・床面積が30㎡以下の居室で、地上まで通ずる部分が次の①又は②に該当するもの。
① 非常用の照明装置が設けられたもの
② 採光上有効に直接外気に開放されたもの

実質的な緩和措置ですが、当該物件がこの用件を満たすのか否か確認しながら御見積りを作成いたします。

2018年07月04日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

東京都渋谷区のマンションオーナー様から、「空室リビングの照明器具をダクトレールにしたい」とのご相談をいただき現地調査へお伺いしました。
リビングの広さをは8畳、現在は蛍光灯シーリングライトが設置されています。新宿副都心から徒歩圏内のこちらの物件は若い入居者さんが多いので、おしゃれでお好みの照明器具を自分で取付できるダクトレールタイプがいいと判断したそうです。

現在の電源から左右に1メートルずつ、合計2メートルのレールを設置する見積りをお送りしました。

2018年06月04日

こんにちは!現地調査担当の神尾です。

本日の現地調査

東京都杉並区にあるweb製作会社の社長様よりご依頼をいただき、蛍光灯使用の照明器具をダクトレールに交換する工事の現地調査にお伺いしました。

賃貸オフィス内の梁下に設置された通称“逆富士形”照明器具を撤去、既存電源を利用して赤ライン上にダクトレールを4メートル設置するといった内容です。

このような照明器具交換を行う場合、管理会社さんやオーナーさんの許可が必要になります。退去時には現状復帰が求められますのでキズ等が目立たない方法での施工が必須です。現状復帰工事を含めた御見積りをお送りしました。