2018年09月01日

Googleがスマホで検索すると位置情報を紐づけて検索結果を出すようになったため、練馬区で照明器具や配線器具など電気のお困りごとを検索すると、照国電機(てるくにでんき)のホームページが上位に表示される事が多くなってきたようだ。

ここのところ、ありがたいことに地元練馬区のお客様からのお問い合わせが多いことは以前もここで書いたと思いますが、さらに増えてきた事を実感しております。

先日は、練馬区で外壁塗装工事をしているお客様から、LINE@を通して既存の照明器具を交換したいとのお問い合わせを頂きました。もう塗装工事が始まるというので、慌ててお客様のところへ伺って打合せをさせて頂きました。

その場でお客様と打合せて受注はほぼ決定。とにかく塗装工事が本格的に始まる前に照明器具を取り外すことが最優先となりました。

塗装が始まると、設置した器具裏は塗装が出来ないため、照明器具を新しく交換すると塗装していない部分が露出してしまいます。ということで、とにかく既存の照明器具を取り外すことが最優先。こんな時でも、同じ練馬区なら車で行けば数十分の距離。細やかな打合せや対応が素早く可能です。

追加で玄関のスイッチの具合がよろしくないので、新しくスイッチを交換する工事も承りました。同じ地元の練馬区に会社があるということで、とても安心感を持って頂きました。

今後、このGoogleの位置情報を加味した検索は加速していくと思います。練馬区で照明器具や配線器具のお困りごとについては地域一番店になれるよう頑張りたいと思います。

先日、SEO勉強会で学んだ「サイテーション」というキーワードの重要性を実感しています。お客様が何を求めているのか?特に自社サイトには何を期待して検索してくださっているのかを意識してサイト運営をすべきだと痛感しました。

練馬区で検索して下さるお客様に対しては、照明器具や配線器具のお困りごとを相談できる事、そしてその解決手段を持っていることが重要なんだと思います。実際にお会いして、お話を伺って、どうして検索したかをお聞きする事が出来て、このあたりはまず間違いないと実感しています。

2018年08月31日

築12年のマンションで入居して2年目くらいにバチッと音がしてそれから照明が点灯しなくなった

世の中には色々なお客様がいらっしゃる。
今回は最近、ネット経由でうちを知ってからお付き合いの始まった内装業者のKさんからの依頼だった。

「歌舞伎町にあるマンションで照明器具が点灯しない部屋があるんだけど調査をお願いできないかな?」

こんな感じの依頼だった。そう、あの有名な新宿区にある歓楽街の歌舞伎町だ。行ってみてびっくりしたが本当に歌舞伎町のど真ん中だった。マンション入り口でKさんと待ち合わせをして12階のお客様のお部屋へ向かった。

もう照明が点灯しなくなって10年くらいかなぁ。入居して2年目に点灯しなくなったんだけど、面倒なのでほっておいた。今度、このマンションを出て賃貸物件にするので照明を直すことにした。

こんな感じの説明を受けた。にわかには信じがたいが、10年近くリビングとダイニングの照明が点灯しない生活をされていたようだ。歌舞伎町のど真ん中の分譲マンション。世の中には色々な方がいるな。

自分たちが住まわれている時は問題を感じながらも、まぁいいかと流していらっしゃったようだが、賃貸物件にするなら設備を修繕するのはオーナー側の義務になる。ここにきて、10年近くほっておいたことを多少後悔されているご様子だった。

デジタルクランプメーターで電圧と電流を測るも通電が確認できない。

いつもは工事担当者を行かせるか、または同行してもらうのだが、ありがたいことに工事担当者は抱えている物件で忙しく、自分がデジタルクランプメーターを持って調査することになった。

点灯しない照明は2箇所。リビングとダイニング。それぞれスイッチを入れてみたがやはり点灯しない。そこで、照明器具を外してみる事にした。器具はそうとう年季が入っていたがランプに焼けが見られた。以前は点灯していたことを思わせる。

そしてデジタルクランプメーターを使いまずは電圧を測定してみた。ローゼットに赤色と黒色のテストプロッドを突っ込んでスイッチを入れてみる。しかし、反応はない無常の0ボルト表示。

今度は壁のスイッチをばらして電線を引っ張り出した。デジタルクランプメーターのクランプヘッドを開き、該当する電線を囲う。しかしスイッチをon・offしてもなんの反応もない無常の0アンペア表示。

ローゼット裏のボックス内の配線や結線にも怪しいところがない。

これはもう断線しているとしか考えられない。

スイッチをバラしている時に感じた違和感。新築物件なのに壁の内側にスイッチボックスが設置されていない。ハサミ金具を使用するも雑な使い方をしている。

スイッチをバラしてみて違和感を感じた。新築物件で一度もリフォームをされていないのに、壁の内側でスイッチボックスを使っていなかった。更にハサミ金具を使用してスイッチを固定してたが、適当に切断した金具を使ってる箇所があった。雑な扱い方をしているなぁと感じた。

そこで、ある1つの推論に至った。これ、初期の施工不良じゃないのかな?だとすると、いやな予感がする。電線の接続不良の可能性があるんじゃないかな?それなら、その不良部分が熱を持っている可能性が捨てきれない。

お客様には気の毒だけど、壁面と天井面を開口して配線のやり直しをするしか現状を回復することが出来ないと判明した。

その場でKさんと打合せをして、壁面と天井面を開口する工事をする事に決めた。お客様はこの不良は住んでいる自分のせいなのか?マンションの管理会社の責任もあるのではないか?など不満をお持ちのようでしたが、自分の知識ではたぶんお客様の個人専有部分の不良なので残念ながら管理組合には責任を問えないと思った。もし追求できるなら初期の工事を請負った施工会社だけどすでに10年近く過ぎてしまっているため時効?なんじゃないかと思う。

この現場は今後どうなるか、進展があればまたここでお話しようと思います。

練馬の事務所へ帰る時、懐かしい母校の前を通った。日本電子専門学校。自分は2004年に1年間、ここの電気工事士課の夜間に1年間通っていた。

「照明器具の専門店てるくにでんき」を運営していた当初はあまり必要性を感じていなかった電気工事士の資格。ありがたいことに仕事が軌道に乗り始めたら、工事の依頼が想定以上に増えていった。

最初は2003年に自分より1つ歳下だった義弟が通った。彼はうちへ転職してきたのだが、より仕事への専門的な知識を得て営業をしたいとの希望を持っていた。そこで、会社の負担で1年間専門学校へ通ってもらい電気工事士の資格を取得してもらった。

彼の頑張りを見ていて、自分も欲が出てきた。会社の経営と営業だけでなく、やはりきちんとした電気工事士の資格と知識を持って「照明器具の専門店てるくにでんき」を運営してみたい。それに、ペーパーテストに受かっただけの、資格のみの電気工事士ではなく、現場へバリバリ出て本当の電気工事士になりたいと思った。

そのためには、通信教育で資格を得るのではなく、夜間学校へ行って仲間と一緒に学ぶことが大切なのではないかと強く思うようになった。

電気工事士の夜間学校へ行って驚いたのは、勤勉で能力の高いやる気のある若者で溢れていたこと。

クラスメイトは10代~20代が中心で約20名ほど居たかな。自分は37歳でクラスでも最年長に近い。というか2番目だった。一番年上は50代の方だった。最初は緊張したけど、この1年間で得た経験や知識はその後の自分を形成するのに大きな影響を与えてくれた。

何よりも驚いたのは、みんな仕事をしながら通っているのに勤勉で能力の高いやる気のある若者が多かったこと。今から思うと2004年はちょうどバブルが弾けて10年目くらいだったと思う。ネットバブルも2000年に弾け始めたから、不景気感がより増していた時代だった。

だからこそ、手に職をつけて独立したいと思う若者が夜間学校に溢れていたのかもしれない。卒業してもう14年になるが、あの時勇気を出して1年間通って良かったと思う。今日、こうしてお客様の為に自身を持って行動できる自分があるのは、あの時、1年間夜間学校へ行ったおかげだ。

村井くん、元気にしてるかな?

このブログ見ていたら連絡してくれると嬉しいな(笑)

2018年08月16日

以前から新築マンションや新築一戸建ての図面や写真などお持ちになって、照明器具や電気工事についてのご相談に来られるお客様は多くいらっしゃいました

そうなんです。
事務所と倉庫しかない時代から・・・

お客様から「そちらで照明の相談にのって欲しいんだけど、伺っても良いでしょうか?」

といったお問い合わせを機会がとても多かったので、事務所の中に小さなミニショールーム兼照明相談室を作りました。これでゆっくりお客様のご相談を承ることが可能になりました。もちろん無料でご利用頂けます。ゆっくりお時間を確保させて頂きますので、ご予約制とさせて頂いております。ご希望の方は下記までお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-510692

ダイニングルームで遊べる照明システムをイメージして、ライティングレールに一工夫加えた照明や観葉植物を展示しております。

スポットライトによる陰影効果もご確認頂けます。

照明器具や配線器具など電気に関するご相談なら何でもOKです。ご利用お待ちしております。

2018年07月10日

新しく仔犬のコーギーを家族に迎え入れる事にしました!

2018年2月18日に天国に旅立った先代犬まろん。
やっぱり我が家はワンコがいないと寂しいんですよね。
そうでなくても、可愛がっていた猫のはまじ君が2017年11月2日に旅立ったので、今では猫のとらみ1匹になってしまい、急に静かになってしまいました。

そこで、心機一転して、男の子のコーギーを家族に迎え入れることにしました。先代犬のまろんが女の子のコーギーだったので、また同じ女の子だと比べてしまう。でも、コーギーの容姿や性格に惚れ込んでしまい他のワンコとの生活は考えられない。

そこで、男の子のコーギーに決めました。譲り受けるところは、まろんの故郷でもあった西川越のノリコット・ファームさんです。

名前はチェス君(Chest)に決定!

名前はさんざん迷ってなかなか決定出来なかったのですが、チェス君(Chest)に決定しました。自分が子供の頃、両親が飼い始めたワンコが「くり」、結婚して家族に迎え入れたワンコが「まろん」。栗シリーズが続いていたので、正確な英語表記のChestnut(チェスナッツ)からとってChest(チェス)に決めました。

2018年7月28日に我が家にやってきます。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

仔犬時代はケージトレーニングが大切なんです!

当分は、我が家と事務所を行き来することにします。
我々夫婦は自営業なので事務所へ連れていけるのでチェス君は恵まれています。一時も離れず世話をすることが出来ます。でも、仔犬時代は甘やかしては行けません。事務所に連れて行ってもケージトレーニングです。

難しいことではなく、とにかくケージに入れてワンワン鳴いても原則無視するトレーニングです。1日3時間だけ遊んであげる事が出来ます。1時間×3回です。これは仔犬だけでなく、飼い主のトレーニングでもあります。

これを徹底すると仔犬が、自分のボスは誰なのかを把握して、落ち着いた良い子になります。鳴いても自分の要求が通らないことを知ります。犬は常に群れのボスを探す性質があります。ボスがいなければ自分がボスになろうとします。甘やかして鳴くことで要求が通ることを覚えさせるとワガママで問題を起こすワンコになってしまいます。

まろんはこのケージトレーニングを仔犬時代に徹底したことで、とってもおだやかで優しい良いワンコに育ってくれました。賢くて本当に良い子でした。ということで、チェス君にもケージトレーニングは徹底しようと思います。

新しい仔犬を飼う時、防犯用のあけたらタイマを使って照明を自動点灯・自動消灯している飼い主さんが多いことを思い出した!

我が家のチェス君のように、常に家族が側にいるワンコは幸せです。でも、お一人で飼っていたり、ご家族で飼っていてもお仕事の都合で夜までお留守番をしなくてはいけない室内飼いのワンコが多いのも事実です。

実際、自分は電気工事で伺ったお宅で、こうしたワンコやニャンコを沢山見てきました。夜遅くまで留守番をしているんですね。実に良い子達です。でも、飼い主にしたら、夜遅くまで留守番させることに罪悪感を感じる人もいます。

あけたらタイマは既存のスイッチを交換するだけで、設定した時刻に点灯し、設定した時刻に消灯する便利なスイッチです!

そこで、このパナソニックのあけたらタイマの登場です!本来の機能は空き巣やストーカーなど、家の外から悪事を働く輩へ防犯効果が期待できるスイッチです。既存のスイッチを交換するだけで、照明が自動点灯・自動消灯する便利なスイッチ。帰宅時間に合わせて点灯させておけば、暗いお部屋に入らずに済みます。

ワンコやニャンコ達が暗い中で留守番をしなくて済むんです!

また、外部にいる人間に対しては、まるで人が住んでいて毎日照明を点灯させているように見せる事が出来ます。このスイッチをペット用に使って、留守番しているワンコやニャンコたちが暗い中で寂しい思いをさせないようにしている飼い主さん達が結構いらっしゃるんですよね。優しいなぁ。まぁ自分もペット好きなので気持ちは分かります。

電気工事に伺って実際にお客様とお話する事で、あけたらタイマにはこうしたペット需要がある事をしりました。もし、自分も使ってみたいなぁと悩んでいる方がいらっしゃいましたらご相談ください。

ペット大好き!のてるくにでんきスタッフがご相談を承ります。あ、本来の防犯用のご相談ももちろん承ります(笑)

あけたらタイマシリーズ

2018年07月06日

Facebookページで質問を頂いた世田谷区にお住まいのU様のお宅へ工事に伺いました

お客様のお宅へ伺うと色々な発見がある。
自分たち照明や電気工事のプロではなかなか思いつかないような使用方法。自分たちでは創造もつかないようなハイセンスなインテリアコーディネート。

今回は後者のハイセンスなインテリアコーディネートに出会った。

ダイニングルームに3mのライティングレールを設置して欲しい

最初は良く弊社へご依頼のあるお仕事だった。ただ、最近良くご利用頂くFacebookページからのお問い合わせがきっかけだったので、お客様にお会いしてお話を伺うのが楽しみだった。

3mのライティングレール(配線ダクトレール)を後付けした工事です。見る人が見ればわかると思いますが、後付けで隠蔽配線(天井裏で配線)は地味ですが結構レベルの高い作業。対応してくれたうちの職人さんグレートです(笑)

スポットライトもペンダントライトもご購入頂きました。ペンダントライトはお客様のチョイス。スポットライトは自分がチョイスしました。

ペンダントライトのフランジに注目!

横に大きくライティングレールに沿うような四角いフランジ。一昔前のローボルトハロゲン用の器具のようで不思議だなぁと思ったら、なんとコード収納するための空間を確保するためのデザインでした。確かに従来の縦長の筒に入れ込むよりすっきりするかもしれない。

格子模様を事前に設計に入れ込んだインテリアコーディネート

まぁ細かく色々と言いましたが、最後に出来上がった現場写真を実例集用写真を撮影して気が付いた。ガラステーブルの台、椅子、ブラインド、そして窓の日差しがガラスのダイニングテーブルを透かして描くフローリングの格子模様。

そう、すべての格子模様が計算された美しい空間を作り出していました。多分、U様は事前に計画されていたんだと思います。こうした、自分の凝り固まった頭では決して実現できないインデリアコーディネートと出会えるから、現場作業は楽しいし止められません。