マイツールというデータベースソフトを業務に使用するようになりました

こんにちは、てるくにでんきの堂園秀隆です。
以前から西研究所主催のマネジメントゲーム 戦略MG MQ会計に熱心に取組んでいることはブログでお話しました。5年間、製造業の会社経営をシミュレーションして決算を行い、経営の根本を学ぶ研修です。

ここの研修で度々耳にするキーワードに「マイツール」があります。MGを学んだらマイツールを覚えないと会社は儲からないよと言われてきました。簡単に言うとリコーが出していたデータベースソフトです。もう昔のソフトなのでフリーウェアで出ています。

自分はデータベースソフトにはファイルメーカーを長年使っていたので、マイツールに関してはずっと触れずにいました。ですが、自分がマネジメントゲーム(MG)研修を主催するようになり、どうしてもマイツールを勉強しなくてはならなくなり、一念発起して妻と一緒に覚える事にしました。

触ってみた結果わかったのは、データベースを作り込むのであればファイルメーカーの方がずっと柔軟性があるということ。でも、マイツールは日々の業務で使うならスピーディーで作業者の思考を奪わないソフトだと感じました。

昨日、このマイツールの達人をお招きして個人的なレッスンを受けました。まず、自社のV表(仕入価格表)をインポートする。次に日々の仕入伝票をインポートする。この2つの表を照合させて利益率や利益額に異常値が出ないかチェックする作業のやり方を学びました。

さっそく利益や利益率がマイナスになる異常値を発見。これは逆材と言われるもので絶対にあってはならないものです。が、どうしてもヒューマンエラーは出てしまいます。これを短時間で日々是正できる仕組みが初歩的な使い方ですが、マイツールで実現することが出来ました。

これから日々触って覚えて行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です