埼玉県狭山市にある結婚式場のライトアップに関するご相談を承ったので夜間に伺って現地調査をしてその暗さ感を自分の眼で確かめてきました

てるくにでんきは一次情報を大切にするので、照明設備のご相談を受けた場合は基本的に無料で現場調査を行います

本業は酒屋さんで日本で一二を争うくらい楽天市場でお酒を販売していらっしゃるんですが、内装業も手がけていらっしゃる村井さんから結婚式場のライトアップに関するご相談を承りました。

元々はパチンコホールだったのですが結婚式場に変更した物件。たぶん、高級感を狙ったようで、外装がとってもシックな仕上がり。結婚式場に変更しても、それはそれで日中は式場としては格調高い印象を与えるのですが、夜になると大きな国道沿いにあるにも関わらず、暗い印象を与えるためほとんど認識されないので困っているというのがご相談の内容でした。

現場調査に16時に伺い分電盤や既存配線や既存照明の状況を把握して、その後暗くなる19時過ぎまで近くのファミレスで時間を潰してから暗い状態で現場調査を行い暗さを体感してきました

感動したのは結婚式場側の担当者の女性の方がお休みなのに暗くなるまで現場で待っていて下さり、我々にドリンクとオヤツを差し入れしてくれたこと。サプライズでしたが、こうしたきめ細やかなお心使いは本当にありがたいです。こちらのやる気もグングンあがります。やはり、本当にお困りだからなんとかして欲しいという気持ちが強いんだと思います。

お客様のお困りごとやご相談ごとには汗をかいて承る存在でありたい

持ち込んだ昼白色の蛍光灯を点灯しただけでも随分効果があることが分かりました。もちろん、照明器具の配光図を見ればある程度の目安が出来ますし見積りを作ることも出来ます。でも、弊社では一次情報を大切にしています。お客様がお困りんご相談ごとは初動にこそ汗をかこうよというのが代表取締役である自分の思いであり、てるくにでんき全員の思いでもあります。

こちらのお見積りは先程提出しました。もし受注できたら、またこのブログでビフォーアフターの例でご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です