MQ戦略ゲーム(MG)に久々に参加して経営の勉強を2日間やってきました

こんにちは、代表取締役の堂園秀隆です。

5月12日(土)~5月13日(日)にかけて、豊島園にあるスワロースポーツさん主催のMQ戦略ゲーム(MG)に久々に参加して経営の勉強を2日間やってきました。

MQ戦略ゲーム(MG)とは、株式会社西研究所の西先生が開発された経営シミュレーションゲームです。5年間分の製造業の経営をボードゲーム上で行い、毎期決算をして利益が出たかどうかを競うゲーム形式の経営勉強です。

2013年からスタートしましたのでもうかれこれ5年間続けてきました。1度の参加で基本は5期分の経営を体験します。今は期数でいえば337期になりました。337年間、経営をしてきた事になります。

なんでそんなに続けているのかと言えば、色々な意味があります。最初の頃は、このMQ戦略ゲーム(MG)に参加しはじめた顔馴染みの経営者の方々の業績が上がってきたから。それで興味を持って参加しました。

この研修に参加すれば会社が儲かる。

この研修に参加すればより精細に決算書が読めるようになる。

この研修に参加すれば数字に強くなる。

最初はそんな気持ちではじめました。が、この研修は実はとてもスパルタ。非常に厳しい。初めての頃は、頭がボーッとなってフラフラになります。2日間やるのですが、中には1日目で音を上げて参加拒否をする人もいるとかいないとか・・・。

でも、2日間やり終えた後の満足感と言うか達成感は他の研修では味あえないものがあります。最初は自分の経営センスを上げるため、業績を上げるために参加していましたが、途中から参加する方々との交流に自分のアンテナがビンビン反応するのが楽しくて、色々な人に会うこと、そちらが目的になってきました。

初日が終わった後の夜にやる懇親会があるのですがこれを「3.5期」と呼んでいます。初日がゲームを1,2,3期までやります。翌日は4,5期をやります。その間にやる懇親会だから「3.5期」。ここに参加して色々な人と交流することが非常に大切。特に初心者は必須。確かにスパルタで頭から湯気が出るくらい厳しい研修ですが、だからこそそこを乗り越えてきた仲間意識というか一体感がこの3.5期の交流会にはあります。

MQ戦略ゲーム(MG)の研修がスパルタで厳しいと言われるのは、ゲームが終わった後の決算が大変だからと言う人が多いです。1円でも合わなければ、当然決算ですから合うまで必ずやります。参加者全員が合うまで必ずやります。合わなければ周りのベテラン、中堅、初心者でもみんなで一緒になって決算を合わせます。落ちこぼれや置いてけぼりを決して作らないのでMQ戦略ゲーム(MG)の研修です。

自分はこの研修で在庫バランスについて深く学びがありました。
今のうちのネット通販運営の基本軸はここで学んだと言っても過言ではありません。なんで何度も同じ研修をやり続けるか。それは毎回毎回、違ったメンバーで違った場所でやる事に意味があるからです。様々なシチュエーションで経営を行うことで、毎回毎回違った学びがあるからです。

これからも、自分はMQ戦略ゲーム(MG)の研修をライフワークとして続けて行こうと意思決定をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です