てるくにでんき照明相談会を2017年2月5日に代官山にて行います

以前の投稿でもご紹介しましたが、「照明器具の専門店 てるくにでんき」のルーツはダイニングルームのペンダントライトにあります。

私自身はダイニングルーム、キッチンの照明器具に強い思い入れがあります。家族が団欒の場所として使うのがダイニングであり、その団欒を楽しく演出するための美味しいお料理を作る場所がキッチンだからです。

この2つの場所が家族を結びつける重要な場所だと思っています。

そして、その楽しくて美味しい家族団欒の食事が終わった後、その余韻をより長く楽しむ場所がリビングです。照明と言うと、一番派手で大きな照明を設置するリビングに注目しがちですが、私は違います。一番大切な場所はダイニングルームです。

一見するとダイニングルームは吊り下げ形の照明器具、いわゆるペンダントライトを下げておけばいいので最も電気工事が必要ない場所と思われている方が多いと思います。

たぶん、一人暮らしで賃貸物件に住まわれているときは、コスパなどを考えてこうしたペンダントを吊り下げておくだけで良いと考える方が多いと思います。

ところが、家族が出来て自分達の住まいが出来たときにこの考えが変わるのです。今までさほど気にしていなかったダイニングルームの重要性に気が付きます。毎朝、家族で取る朝食。お友達が遊びにきてお茶を楽しむお昼過ぎ。夕方は子供たちが帰宅したときにダイニングテーブルで宿題を見てあげる事もあるでしょう。そして夜になり再び家族が集い楽しい団欒を囲むひと時。その場所はダイニングルームなのです。

ダイニングルームの重要性に気が付くと、まず最初に家具にこだわります。そう、ダイニングテーブルとその椅子です。広々としたダイニングテーブル、機能的に伸び縮み出来るダイニングテーブル、あえて楕円形にしたダイニングテーブル、それぞれの個性に合わせて楽しく選ばれると思います。

そのお気に入りのダイニングテーブルをダイニングに一番最適な場所に置いた時に問題が発生します。ダイニングテーブルの位置と照明の位置がずれている。ペンダントライトの吊り下げ位置がズレている。

こうした問題が発生した時こそ、てるくにでんきの出番なのです。おかげさまで沢山のお客様のダイニングに関するお悩みを解決してきました。

ダイニングルームの照明トラブル解決には自信があります。何かありましたら、2017年2月5日に代官山にいらっしゃいませんか?お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です