週末は溝の口でMG研修を受けてきました

弊社では3年前の2013年1月より社員研修の一環として西研究所のMG研修を取り入れていきました。ボードゲームを使った製造業を5年間経営するゲームと毎期事に行う決算を通して会社の経営と会計を楽しく学ぶ研修です。

8月27日(土)~28日(日)の週末に副社長の堂園亜佐子と一緒に市川愛事務所主催のMG研修を溝の口で受けてきました。自分はこの研修が初心者だった頃はとても苦手で自分がこんなにも数字に弱い人間だとは思いませんでした。

経営者が数字に弱くてどうする!

そう言い聞かせてコツコツ続けてきました。一緒に始めた副社長の方が決算は早かったですね。ゲームも決算も自分はまるでダメでしたが、先輩方からは続けていればきっと力が付いて見えてくる風景が変わると言われていました。

MG研修は原則として2日間で5期を経験します。100期を過ぎれば人間が変わると言われています。つまり20回研修を受ければ変わると言う事です。今、200期を過ぎましたがようやく会社経営が何なのかうっすらと見えてきたような気がします。

研究開発、社員教育、広告宣伝力、在庫バランス。そしてマトリックス会計表。会社経営のすべてのエッセンスが詰まった素晴らしい研修です。でも、それ以上に素晴らしいのはこの研修を受けている方々との交流です。

向上心を持って参加している方々との交流からさらに見えてくるものがあります。最初は社員教育の一環で取り入れた研修ですが、今では自分のライフワークの一つとなりました。インストラクターの資格も取りましたので、今後はこの素晴らしい研修を世の中に広めていく一人になるつもりで勉強をしていこうと思います。


  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です